バンカーヒル記念塔

マーカーはバンカーヒル記念塔です。

バンカーヒル記念塔
[バンカーヒル記念塔(Bunker Hill Monument)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市北東部、チャールズタウン地区に位置する記念塔。アメリカ独立戦争における主な戦いのひとつであるバンカーヒルの戦いを記念し、1825年から17年の歳月を費やして建てられた同国最初のオベリスクである。
バンカーヒル記念塔の高さは67m(221フィート)である。塔の内部には294段の階段があり、屋上まで上ることができる。建材の御影石は、近隣のクインシー_(マサチューセッツ州)で採掘されたものであった。採掘された御影石を運んだ鉄道、グラニット鉄道(Granite Railway)は1826年10月9日に営業を開始した、アメリカ合衆国最初の鉄道であった。塔には展示館が隣接しており、バンカーヒルの戦いで戦死した将軍、ジョセフ・ウォーレンの像や、戦場を再現した模型が展示されている。また塔の前には、戦いにおけるもうひとりの英雄、ウィリアム・プレスコットの像が立っている。塔の管理はバンカーヒル記念塔協会が行っていたが、1919年に塔はマサチューセッツ州の管理下に置かれることになった。1976年には、塔は国立公園局に移管され、ボストン国立歴史公園の一部となった。また、バンカーヒル記念塔はフリーダムトレイルの終点であり、ボストンの観光名所のひとつとなっている。
2001年8月現在のバンカーヒル記念塔・wikipedia-photo  (wikipedia・バンカーヒル記念塔より)]

バンカーヒル記念塔 – Google Map 画像リンク

バンカーヒル記念塔の鳥瞰カメラです。

バンカーヒル記念塔前のカメラです。

左がバンカーヒル記念塔、右が展示館です。

カメラ西南西方向が展示館エントランスです。

展示館内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*