マサチューセッツ州会議事堂

マーカーはマサチューセッツ州会議事堂です。

マサチューセッツ州会議事堂(フリーダムトレイル
[マサチューセッツ州会議事堂(Massachusetts State House)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州の州知事室、州政府の事務所、および州議会を擁する建物。同州の州都ボストン市の中心部、ビーコンヒル地区に位置する。マサチューセッツ州会議事堂はビーコンヒルの丘の頂上、約27,000m²の敷地に建っている。それまでの州会議事堂に代わる庁舎として建てられ、1798年に完成した、周辺で最も古い建物である。その後19世紀中盤から20世紀初頭にかけて、4度にわたって増築がなされた。建物のシンボルである屋根のドームは木製で、金箔が張られている。しかし、最初から金箔張りであったわけではない。最初、1802年に張られたのは銅であった。ドームに金箔が張られたのは1874年のことであった。ドームの頂上にはマツの実を模した飾りがつけられている。これは、当時マサチューセッツ植民地の飛び地であったメイン州を表している。庁舎の入り口にはジョセフ・フーカーの騎馬像やジョン・F・ケネディの像をはじめとするいくつもの像が立ち並んでいる。最初からあった赤レンガ造りの建物には知事室とマサチューセッツ州上院が入っている。知事室は西端に、上院はドームの直下にそれぞれ位置している。マサチューセッツ州下院は増築されたほうの建物の西側に入っている。下院の会議場には1784年に地元の商人から贈られた「聖なるタラ」が飾られている。この「聖なるタラ」は初期のマサチューセッツ州経済における漁業の重要性を示すものである。
現在のマサチューセッツ州会議事堂・wikipedia-photo  (wikipedia・マサチューセッツ州会議事堂より)]

カメラ北方向がマサチューセッツ州会議事堂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*