ボストン・チルドレンズ・ミュージアム

マーカーはボストン・チルドレンズ・ミュージアムです。

ボストン・チルドレンズ・ミュージアム
[ボストン・チルドレンズ・ミュージアム(Boston Children’s Museum)は、1913年に空き家になった倉庫を改造して作られた子供のための博物館。絵画、造形から理科の学習に役立つような体験型、参加型の遊んで、触って、楽しめるハンズオン博物館。ボストンでは広く知られている。初代の館長が『スポック博士の育児書』で有名なベンジャミン・スポック博士の息子マイケル・スポックだったということも、世間では話題を呼んだ。
このようなチルドレンズ・ミュージアムは、1899年にブルックリンで作られたものが一番古いといわれる(詳細は、Campbell, Karen. “Empowering Kids.” Our Town Brookline March 2007: 6-9. を参照のこと)が、全米ほとんどの州に、各種のチルドレンズ・ミュージアムがある。
自然史に重点を置いたものから、交通、日系アメリカ人の文化にいたるまで、バラエティがある。
日本でも、こうしたミュージアムをという機運が高まり、徐々に増えていく傾向にある。
ボストン・チルドレンズ・ミュージアムの正面・wikipedia-photo  (wikipedia・ボストン・チルドレンズ・ミュージアムより)]

[ ウォーターフロントにあるボストン子供博物館内に展示されている京都の町家。1979年にボストンと京都姉妹都市提携20周年を記念して京都市から寄付されたもの。最近日本でも珍しくなった町家の中には、靴をぬぎ入れる様になっている。日本式お手洗いも実際に使用出来る。ボストンと京都は1959年に姉妹都市提携が結ばれた。  (「日本とのつながりパート3・ボストン子供博物館 | Facebook」より)]

[小さなお子様連れ旅行にオススメしたいのが子供博物館(Children’s Museum)。ここは名前の通り子供を主役とした博物館で、展示品に直接触って、使って、動かしたりして、遊びながら学ぶ事もできるように工夫されているのです。体を動かして遊ぶものもあれば、道具を使って遊ぶものもあったりと、子供たちが好きそうな物ばかり置いてあるので、もうみんな夢中に。なかには1日いても飽きないという子だっているんですよ!  (「子供が主役!触れて遊んで学べる「チルドレン・ミュージアム …」より)]

ボストン子供博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がボストン・チルドレンズ・ミュージアムです。

ボストン・チルドレンズ・ミュージアム前デッキの360citiesです。

ボストン・チルドレンズ・ミュージアム・エントランスホールのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*