ポール・リビアの家

マーカーはポール・リビアの家です。

ポール・リビアの家
[ポール・リビア(英: Paul Revere、1735年1月1日 – 1818年5月10日)は、アメリカマサチューセッツ出身の銀細工師であり、アメリカ独立戦争中は愛国者として活動した。レキシントン・コンコードの戦いにおける伝令の役割を担ったことで、リビアはその死後も不朽の名声を与えられ、リビアの名前と「真夜中の騎行」という言葉は愛国者の象徴としてアメリカ合衆国中に知れ渡っている。リビアはボストンでも羽振りがよくて顕著な職人であり、イギリス軍の監視を続け仲間内に情報を伝達するしくみを作り上げることに貢献した。リビアの銀細工はボストンで直ぐに注目を浴びた。同じ頃リビアは多くの政治的扇動家と親交を結んだ。中でもジョセフ・ウォーレン博士との親交は密接であった。1760年代、リビアは多くの政治的版画を作り歯医者として広告に出し、自由の息子達の活動にのめり込んでいった。1770年、リビアは妻のサラ・オーヌと共にノース・スクエアに家を購入した。この家は今も残り一般に公開されている。リビアが作った版画の中で最も有名なものは、1770年3月に起こったボストン虐殺事件を描いたものである。1773年のボストン茶会事件でもリビアが現場にいたと思われるが、この後リビアはボストン安全委員会の伝令役を始め、ときには馬に乗ってニューヨークフィラデルフィアまで行き、町の政治的な動揺に関する情報を伝えた。1774年イギリス軍はボストン港を封鎖し、ボストン周辺に多くの兵士を駐在させるようになった。この事態にリビアの銀の商売は実入りが悪くなったので、仕事は息子のポール・リビア・ジュニアに任せた。1775年が始まると、革命の機運が高まる中で、リビアは前にもまして自由の息子達の活動に追われるようになった。有名なリビアの「真夜中の騎行」は1775年4月18日から19日にかけての夜に起こった。ジョセフ・ウォーレン博士の指示で、リビアとウィリアム・ドーズが馬に乗ってボストンからレキシントン (マサチューセッツ州)に趨り、イギリス軍の動きをジョン・ハンコックサミュエル・アダムズに警告するものであった。
「ポール・リビアの家。ボストン市」・wikipedia-photo、「リビアが作った版画。ボストン虐殺事件」・wikipedia-photo  (wikipedia・ポール・リビアより)]

The Paul Revere House – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がポール・リビアの家です。

ポール・リビアの家前庭のカメラです。

ポール・リビアの家室内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*