アメリカン ビジョナリー アート美術館

マーカーはアメリカン ビジョナリー アート美術館です。

アメリカン ビジョナリー アート美術館
[アメリカン ビジョナリー アート美術館 (AVAM) は、素人によって作られた芸術品を展示する美術館です。屋内外に展示された作品の作者は誰も正式な訓練を受けていませんが、芸術的才能にあふれる人や、異彩を放つ人、あるいは単純に人を笑わせる才を持つ人ばかりで、中にはホームレスや体の不自由な人、精神疾患を抱える人もいます。彼らが手掛けた目も見張るような幻想芸術のほとんどは、どこにでもあるありふれた物を使って作られており、
そのコレクション数は 4000 点以上にのぼります。ここに来れば、芸術と世界を一般的な見方とは違った視点で見ることができます。作品は、作者が制作中に心の奥底で考えていることを浮き彫りにするため、とても個人的で前衛的なものに感じられます。館内やその周辺に展示されている作品はすべて、主婦、農家、退役軍人、退職者、患者などの素人が、古着やつまようじ、金属のくずなどどこにでもある物を使って心が駆り立てられるままに作ったものであり、必ずしも芸術作品を生み出そうとして作ったものではありません。
そのどれもがすばらしく、入口から一歩足を踏み入れれば魅力的なアートの世界に引き込まれます。最初に目に飛び込んでくるのは、プラスチック製の白鳥が屋根に飾られたバスと、ガラクタを集めて作られた 3 建てほどの高さのある風の彫刻です。館内に入ったら、足元にも注目してください。入口に敷かれたマットはなんと 1500 本ものつまようじで作られています。
常設作品のほとんどは本館に展示されていますが、別館の 1 つ、ウィスキーの熟成庫を改装したトール スカルプチャー バーン館では、人と同じ大きさの天使と宇宙人の駒を使ったチェスで遊ぶことができるので、こちらも忘れずに足を運びましょう。古くなった自転車やベッド、余った部品などを使って奇抜に装飾された人力車が見られる別館も必見です。ここに展示されている人力車は、当美術館が毎年 5 月に市内の通りで開催するキネティック スカルプチャー レースに使用されたものです。  (「アメリカン ビジョナリー アート美術館 / ボルチモア|エクスペディア」より)]

ジョイ・アメリカ・カフェ(Joy America Cafe)
[アメリカン・ビジョナリー美術館内にあるボルチモア一、クリエイティブなシェフのいる店として有名。港を眺めながらいろいろな国の料理が味わえます。おひょう(halibut)のトロピカルフルーツバーベキュー、ピーチ、ビターチョコレート、トマト+すいかサルサ添えなどがおすすめ。  (「アメリカ合衆国/ボルチモア・グルメ,ショッピング,ナイトライフ」より)]

American Visionary Art Museum – Google Map 画像リンク」「American Visionary Art Museum – Jim Rouse Visionary Center – Google Map 画像リンク」「AVAM – Anita Roddick Tall Sculpture Barn & Wildflower Garden – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がアメリカン ビジョナリー アート美術館です。

アメリカン ビジョナリー アート美術館敷地内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*