ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道博物館

マーカーはボルチモア・アンド・オハイオ鉄道博物館です。

ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道博物館
[ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道博物館 (B&O Railroad Museum) は、1953年7月4日に開館した時点ではボルチモア・アンド・オハイオ交通博物館 (Baltimore & Ohio Transportation Museum) という名前であった、アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモアにある歴史的な鉄道施設を展示する博物館である。この博物館は世界でもっとも貴重な鉄道遺産の集積であると言われていて、アメリカ合衆国で最も古い鉄道施設である。1829年にボルチモア・アンド・オハイオ鉄道によって開設され、マウント・クレア工場 (Mount Clare Shops) の所在地の一部である、同鉄道のマウント・クレア駅と隣接する扇形庫に位置している。マウント・クレアは、1830年5月22日にアメリカ合衆国で最初の定期旅客鉄道輸送が開始された場所であるため、アメリカの鉄道発祥の地であると考えられている。博物館と駅は1961年9月15日にアメリカ合衆国国家歴史登録財に指定された。博物館には、19世紀から20世紀に掛けてのアメリカの鉄道に関係する品物が所蔵されている。収蔵物には、250両の鉄道車両、15,000の鉄道関連備品、5,000 立方フィート(140 立方メートル)におよぶ文献、歴史的な扇形庫を含む4つの19世紀の重要な建造物、アメリカ合衆国でもっとも歴史的に意義のあるとされる1 マイルの線路がある。この1 マイルの線路では、4月から12月までの水曜日から日曜日までと、1月の週末に列車への乗車体験が実施されている。2002年には年間16万人が訪れた。博物館には、屋外のGゲージ鉄道模型のレイアウトと屋内のHOゲージレイアウト、そして子供が登って遊ぶことができる木製の鉄道模型もある。感謝祭から新年に掛けて、地域の鉄道模型グループが扇形庫と博物館の中の一部の選ばれた場所に大型のレイアウトを設置する。ミュージアムショップでは玩具や本、DVD、その他の鉄道関連グッズなどが販売されている。
「マウント・クレア駅と扇形庫」・wikipedia-photo、博物館の車両整備工場・wikipedia-photo、扇形庫に並ぶ車両・wikipedia-photo、「『アトランティック号』 2号、フィネアス・デービス (Phineas Davis)とイスラエル・ガートナー (Israel Gartner)によって1832年に製造されたグラスホッパー型機関車、保存されている最古の部類に属する機関車」・wikipedia-photo、「初期のボルチモア・アンド・オハイオ鉄道車両 1830年代」・wikipedia-photo、「『メムノン号』 57号、ニューカッスル・マニュファクチャリングにより1848年製造、貨物用として保存されている最古の部類に属する機関車」・wikipedia-photo、「ロイヤルブルー用に1890年製造のプルマン豪華特別車、445号」・wikipedia-photo  (wikipedia・ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道博物館より)]

ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がモア・アンド・オハイオ鉄道博物館です。

モア・アンド・オハイオ鉄道博物館内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*