ボルチモア産業博物館

マーカーはボルチモア産業博物館です。

ボルチモア産業博物館(Baltimore Museum of Industry)
[ボルチモア産業博物館(The Baltimore Museum of Industry)は、かつての缶詰工場で、1977年に設立された。
アメリカのボルチモア産業博物館は、ボルチモアにかつて栄えたカキ缶詰・服の仕立てを体験させようと、かつての服装をまとった館の職員や地元の人が、子どもなどの来館者に指導している。建物はかつての缶詰工場だ。この博物館は「製造業が我々の生活に不可欠なんだ」をポリシ-としている。体験した人のうち何割かが地元に残って製造業に従事している。  (『1995年4月例会「まち、まるごと博物館」・アメリカのボルチモア産業博物館』より)]

[博物館では「ドーセント(docent)」というボランティアの展示解説員によるガイド・ツアーが人気を集めている。牡蠣の缶詰工場に勤めていた人や鍛冶屋、船乗りなど、彼らの経歴は様々で、その人がどのような経験を積んできたかによって異なる、個性豊かなストーリーに沿って、ボルチモア市における産業の変遷を示す展示の紹介が行われる。  (「旭山動物園マイスターボランティア
ボランティアスタッフ募集について・事例紹介ドーゼント
」より)]

ボルチモア工業博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がボルチモア産業博物館です。

ボルチモア産業博物館内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*