ウィスキー・ア・ゴーゴー

マーカーはウィスキー・ア・ゴーゴーです。

ウィスキー・ア・ゴーゴー
[ウイスキー・ア・ゴーゴー(英語名:Whisky a Go Go)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ウエストハリウッドにあり、サンセット大通り8901番地、サンセット・ストリップに位置するナイトクラブ。アメリカで最初の本格的なディスコであると言われている。ウィスキー・ア・ゴーゴーの正式なつづりは「Whiskey a Go Go」ではなく、画像や公式サイトにもあるように「Whisky a Go Go」が正しい。フランスパリにもやや異なった名称の「Whisky a Go-Go」が1947年にオープンしている。ウィスキー・ア・ゴーゴーは1964年1月11日、シカゴで警察官をしていた経歴を持つエルマー・ヴァレンタインによって設立された。この場所は元々は銀行の建物であり、その後「パーティ」という名のクラブに改装されていたが長くは続かなかった。この時ヴァレンタインは弁護士のセオドア・F・フライヤー、広報のシェリー・デイヴィスとフィル・タンジーニらと手を組んでいた。このクラブは録音された音楽を流すディスコとして宣伝されたにもかかわらず、ウィスキー・ア・ゴーゴーはジョニー・リバーズ率いるバンドと、彼らの演奏の合間にミニスカートをはいた女性DJが、ステージ右側に吊り下げられた檻でレコードを回すというスタイルでオープンした。リバーズのバンドが演奏している間に女性DJが踊った際、観客はそれが演出の一部であると考えた。こうして女性たちが檻の中で踊るゴーゴーダンサーのコンセプトが生まれたのである。リバーズはその後ウィスキー・ア・ゴーゴーで一部を収録したアルバム「ライブ・アット・ザ・ウィスキー」をヒットさせ、ここで生まれた「ゴーゴー」は国民を熱狂的な流行の渦へと巻き込んだ。その後ミラクルズが1966年に「ゴーイング・トゥー・ア・ゴーゴー」を録音すると(この曲は1982年にローリング・ストーンズがカバーしている)、ウィスキー・ア・ゴーゴーのフランチャイズ店がアメリカ中に次々と現れた。1966年、ウィスキー・ア・ゴーゴーはサンセット・ストリップにおいて、度々暴動の中心地の一つとなった。ロック_(音楽)からパンク・ロックヘヴィメタルまで、クラブは多くの音楽動向の最前線に立った。しかしウィスキー・ア・ゴーゴーはパンク・ロックの流行が衰えた際に苦境を迎え、一度1982年に閉鎖を余儀なくされた。その後1986年に、興行者やバンドが借りることのできる場として営業を再開した。1990年代初頭には、サウンドガーデンニルヴァーナマッドハニーメルヴィンズ、7イヤー・ビッチを含み、後に「グランジのゴッドファーザー」という肩書きを与えられる、シアトルを拠点とした多くのミュージシャン達がこのウィスキー・ア・ゴーゴーで演奏を行っている。
「サンセット・ストリップに位置するウィスキー・ア・ゴーゴー」・wikipedia-photo  (wikipedia・ウィスキー・ア・ゴーゴーより)]

ウィスキー・ア・ゴーゴー – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向角がウイスキー・ア・ゴーゴーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*