ハンティントン・ライブラリー

マーカーはヘンリー・E.ハンティントン邸です。

ハンティントン・ライブラリー
[ハンティントン・ライブラリー(英: The Huntington Library)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サン・マリノに位置する教育研究機関。もともとは、鉄道王といわれた実業家ヘンリー・E.ハンティントン (en:Henry E. Huntington) の邸宅だった建物で、現在は図書館、イギリスの肖像画や18世紀のフランス家具などのコレクションで有名な美術館、北米随一のソテツが栽培されている植物園がある。図書館には稀覯本や装飾写本などが豊富にコレクションされており、『グーテンベルク聖書』、ジェフリー・チョーサーの代表作『カンタベリー物語』のエレスメア装飾写本 (en:Ellesmere Chaucer) といった歴史的・美術的価値の高い書物がある。また、第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンに関する数千の文献が所蔵されており、その中にはリンカーンの友人で警護官も務めたウォード・ヒル・ラモン (en:Ward Hill Lamon) の書簡も含まれている。これら稀覯本と装飾写本はアメリカ合衆国でもっとも頻繁に研究目的で利用されており、図書館に所蔵されている装飾写本はおよそ650万冊、稀覯本は100万冊を超えている。世界で唯一ハムレットの初版四つ折版を2冊所蔵している図書館で、ベンジャミン・フランクリンの『フランクリン自伝』手稿、ヘンリー・デイヴィッド・ソローの『森の生活』草稿7枚、ジョン・ジェームズ・オーデュボンの『アメリカの鳥類』、チャールズ・ブコウスキー初版本など、多くの貴重な書物が保管されている。
「ハンティントン・ライブラリー」・wikipedia-photo、「ヘンリー・E.ハンティントン(1850年 – 1927年)と妻アラベラ(1850年 – 1924年)の邸宅だった建物で, ハンティントンが死去した翌年の1928年に北カリフォルニア初の公共図書館として開放された」・wikipedia-photo、中国庭園流芳園・wikipedia-photo、色とりどりの花・wikipedia-photo、日本庭園の橋・wikipedia-photo、日本庭園の鐘・wikipedia-photo、「デザート・ガーデン」・wikipedia-photo、「ジャングル・ガーデン」・wikipedia-photo、睡蓮池・wikipedia-photo、藤棚・wikipedia-photo  (wikipedia・ハンティントン・ライブラリーより)]

ハンティントン・ライブラリー – Google Map 画像リンク」「Virginia Steele Scott Galleries of American Art – Google Map 画像リンク」「ザ・ハンティントン・チャイニーズ・ガーデン – ガーデン・オブ・フローイング・フラグランス – Google Map 画像リンク」「ザ・ハンティントン・ジャパニーズ・ガーデン – Google Map 画像リンク」「ザ・ハンティントン・リリー・ポンズ – Google Map 画像リンク」「Dry Garden Karesansui – Google Map 画像リンク」「Desert Garden – Google Map 画像リンク

カメラ位置はヘンリー・E.ハンティントン(1850年 – 1927年)と妻アラベラ(1850年 – 1924年)の邸宅だった建物前庭で、カメラ南南東方向が邸宅です。

カメラ位置はヘンリー・E.ハンティントン邸宅だった建物テラス前です。

ハンティントン・ライブラリー中国庭園のカメラです。

ハンティントン・ライブラリー日本庭園のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*