ロサンゼルス郡美術館

マーカーはロサンゼルス郡美術館です。

[グーグル・アート・プロジェクトは、グーグル社のストリートビュー技術をそのまま美術館内部にまで持ち込み隅々まで撮影し、web上で公開しています。]

ロサンゼルス郡美術館(Los Angeles County Museum of Art)
[ロサンゼルス郡美術館は、1910 年に設立された、LACMA(ラクマ)の愛称で親しまれているロサンゼルス郡美術館は、敷地内には七つのビルがあり、アメリカ美術、ヨーロッパの絵画、彫刻、装飾美術をはじめ東洋、インドの美術、そして版画、素描、写真、さらに織物、服飾といった幅広いコレクションが充実している。  (「Los Angeles County Museum of Art ロサンゼルス郡美術館 」より)]

[ハンコック・パークの中に建つロサンゼルス郡立美術館は、通称LACMAと呼ばれ、ヨーロッパからアメリカや東洋の美術、彫刻、現代美術、装飾美術など10万点以上の収蔵品を誇る西海岸最大規模の総合美術館。敷地内には8つの美術館があり、所蔵品にはコンテンポラリーの大型のオブジェが多いのも特徴です。それぞれの展示館にはテーマの異なった美術品が陳列されており、アメリカ美術館、アーマソンビルディング、日本館、ブロード現代美術館、ハマービルディング、2010年オープンの企画展示専用のレズニック・パビリオンなどの展示館から構成されています。
日本館は神社をイメージした造りで、日本家屋独特の障子越しのような照明が印象的。ここでは日本でも珍しい根付けのコレクションが充実し、江戸時代の掛け軸、さらに縄文・弥生時代の土器や仏像までも展示されていて、2013年4月13日~7月28日の期間で葛飾北斎展を開催。全ての展示室を鑑賞するには1日あっても足りないくらいです。 (「美術館・博物館 – LA Inc」より)]

Art of The Americas Building – Google Map 画像リンク」「LACMA Store – Google Map 画像リンク」「ロサンゼルス・カウンティー=メディア – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がロサンゼルス郡美術館です。

カメラ北北東方向がロサンゼルス郡美術館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*