アーマンド・ハマー美術館

マーカーはアーマンド・ハマー美術館です。

アーマンド・ハマー美術館(英語:Hammer Museum)
[アーマンド・ハマー美術館はロシア系ユダヤ人ニューヨーク生まれながら、レーニンに信頼され米ソ間の貿易を一手に扱い、 莫大な資産を作った、元オクシデンタル石油会長のアーマンド・ハマー (Arm and Hammerつまり鎌とハンマーという共産主義のシンボルから命名された)が、 自身のアートコレクションを寄贈したことから 1990年に誕生した比較的新しい美術館です。
ロスアンジェルスのビジネス街の中にある高層ビルの一角にある、 オクシデンタル石油本社に隣接して建てられたこの長方形ビルの美術館は 7300平方メートルあり、当時6000万ドルかかったといいます。
ハマーはオクシデンタル石油のイメージ向上のためとして、 オクシデンタル石油の取締役会を説き伏せ、この資金を全額出資させ、 オクシデンタル石油の株主から資産浪費で訴えられています。 ハマーは美術館開館の15日後に死亡しました。92歳でした。
企画展会場を除いた常設展会場は3部屋しかありません。 しかし中味は濃く、ティツィアーノティントレットルーベンスレンブラントゴヤジェリコーコローピサロマネドガシスレーセザンヌモネゴーギャンゴッホロートレックボナールヴュイヤール等多彩です。  (「美術館訪問記-25 アーマンド・ハマー美術館」より)]

アーマンド・ハマー美術館ホームページ

アーマンド・ハマー美術館Hammer Museum – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がアーマンド・ハマー美術館です。

ゴッホ作『雪の中のニュネンの牧師館の庭』(1885年1月)(wikipedia-photo)

[ゴッホは1884年の夏、近くに住む10歳年上の女性マルホット(マルガレータ・ベーヘマン)と恋仲になった。しかし双方の家族から結婚を反対された末、マルホットはストリキニーネを飲んで倒れるという自殺未遂事件を起こし、村のスキャンダルとなった。この事件をめぐる周囲との葛藤や、友人ラッパルトとの関係悪化、ラッパルトの展覧会での成功などに追い詰められたファン・ゴッホは、再び父との争いを勃発させた。1885年3月26日、父ドルス牧師が発作を起こして急死した。彼は弟テオへの手紙に「君と同様、あれから何日かはいつものような仕事はできなかった、この日々は忘れることはあるまい。」と書いている。妹アンナからは、父を苦しめて死に追いやったのは彼であり、彼が家にいれば母も殺されることになるとなじられた。彼は牧師館から追い出され、5月初めまでに、前からアトリエとして借りていた部屋に荷物を移した。
1885年の春、数年間にわたって描き続けた農夫の人物画の集大成として、彼の最初の本格的作品と言われる『ジャガイモを食べる人々』を完成させた。自らが着想した独自の画風を具体化した作品であり、ファン・ゴッホ自身は大きく満足した仕上がりであったが、テオを含め周囲からの理解は得られなかった。同年5月には、アカデミズム絵画を批判して印象派を持ち上げていた友人アントン・ファン・ラッパルトからも、人物の描き方、コーヒー沸かしと手の関係、その他の細部について手紙で厳しい批判を受けた。これに対し、ファン・ゴッホも強い反論の手紙を返し、2人はその後絶交に至った。
夏の間、ファン・ゴッホは農家の少年と一緒に村を歩き回って、ミソサザイの巣を探したり、藁葺き屋根の農家の連作を描いたりして過ごした。炭坑のストライキを描いたエミール・ゾラの小説『ジェルミナール』を読み、ボリナージュでの経験を思い出して共感する。一方、『ジャガイモを食べる人々』のモデルになった女性(ホルディナ・ドゥ・フロート)が9月に妊娠した件について、ファン・ゴッホのせいではないかと疑われ、カトリック教会からは、村人にゴッホの絵のモデルにならないよう命じられるという干渉を受けた。
同年(1885年)10月、ファン・ゴッホは首都アムステルダムの国立美術館を訪れ、レンブラント、フランス・ハルスヤーコプ・ファン・ロイスダールなどの17世紀オランダ(いわゆる黄金時代)の大画家の絵を見直し、素描と色彩を一つのものとして考えること、勢いよく一気呵成に描き上げることといった教訓を得るとともに、近年の一様に明るい絵への疑問を新たにした。同じ10月、ファン・ゴッホは、黒の使い方を実証するため、父の聖書と火の消えたろうそく、エミール・ゾラの小説本『生きる歓び』を描いた静物画を描き上げ、テオに送った。しかし、もはやモデルになってくれる村人を見つけることができなくなった上、部屋を借りていたカトリック教会管理人から契約を打ち切られると、11月、ニューネンを去らざるを得なくなった。残された多数の絵は母によって二束三文で処分された。  (wikipedia・フィンセント・ファン・ゴッホ#ニューネン(1883年末-1885年)より)]

ゴッホ作『ライラック』(1887年夏)(wikipedia-photo)

ゴッホ作『種まく人、背景にアルル郊外』(1888年9月)(wikipedia-photo)

ゴッホ作『サン=ポール病院の庭の木々』(1889年10月)(wikipedia-photo)

[1889年5月8日、ファン・ゴッホは、サル牧師に伴われ、アルルから20キロ余り北東にあるサン=レミのサン=ポール=ド=モーゾール修道院(Monastère Saint-Paul-de-Mausole)療養所に入所した。ファン・ゴッホは、療養所の一室を画室として使う許可を得て、療養所の庭でイチハツの群生やアイリスを描いた。また、病室の鉄格子の窓の下の麦畑や、アルピーユ山脈の山裾の斜面を描いた。6月に入ると、病室の外に出てオリーブ畑や糸杉を描くようになった。同じ6月、アルピーユの山並みの上に輝く星々と三日月に、S字状にうねる雲を描いた『星月夜』を制作した。
ファン・ゴッホの病状は改善しつつあったが、アルルへ作品を取りに行き、戻って間もなくの同年(1889年)7月半ば、再び発作が起きた。8月22日、ファン・ゴッホは「もう再発することはあるまいと思い始めた発作がまた起きたので苦悩は深い。……何日かの間、アルルの時と同様、完全に自失状態だった。……今度の発作は野外で風の吹く日、絵を描いている最中に起きた。」と書いている。9月初めには意識は清明に戻り、自画像、『麦刈る男』、看護主任トラビュックの胸像、ドラクロワの『ピエタ』の石版複製を手がかりにした油彩画などを描いた。また、ミレーの『野良仕事』の連作を模写した。ファン・ゴッホは、模写の仕事を、音楽家がベートーヴェンを解釈するのになぞらえている。以降、12月まで、ミレーの模写のほか『石切場の入口』、『渓谷』、『病院の庭の松』、『オリーブ畑』、サン=レミの『プラタナス並木通りの道路工事』などを描いた。  (wikipedia・フィンセント・ファン・ゴッホ#サン=レミ(1889年5月-1890年5月)より)]