エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

マーカーはエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムです。

エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム
[エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム(Angel Stadium of Anaheim)は、アメリカカリフォルニア州アナハイムにある野球場。MLBロサンゼルス・エンゼルスのホーム球場である。通称はThe Big A、The Halo(天使の輪のこと)
球場の歴史
1961年シーズンに新球団として誕生したロサンゼルス・エンゼルスは、最初のシーズンはロサンゼルス・リグレー・フィールドを、翌1962年から1965年まではドジャー・スタジアムを本拠地球場にしていた。しかし観客動員は伸び悩む。ドジャー・スタジアムでの4年間の観客動員は329万人ほどで、これは1試合平均では1万人を辛うじて超える程度のものだった。
そのためエンゼルスは1966年から本拠地をアナハイムに移すこととなる。それに先立ち1964年夏に新球場の建設が開始。移転初年に新球場はアナハイム・スタジアム(Anaheim Stadium)の名称でオープンした。
1980年、NFLロサンゼルス・ラムズが移転してきたため、アメフト兼用球場に改修される。観客席は大幅に増え、収容人数は43,000人から64,593人になった。
1995年、人気低迷にあえぐラムズがセントルイスへ移転。1997年、総工費1億1800万ドルをかけ野球専用球場に再改修された。地元の電力会社、エディソン・インターナショナル社がネーミングライツを20年5000万ドルで取得したため、球場名もエディソン・インターナショナル・フィールド・オブ・アナハイム(Edison International Field of Anaheim)になった。しかし2003年オフに同社がオプションを行使してスポンサーを降りたため、2004年から現在の名称になった。
設備、アトラクション、演出
●BIG A:アルファベットのAを象った巨大なスコアボードが左翼後方に立っていたが、ラムズが移転してきたことに伴う改修によって移動し、現在はフリーウェイ横の駐車場に立っている。
●外野センター後方に巨大な岩が設置されている。地元チームの選手がホームランを打つと、約27メートルの高さまで噴水が勢いよく立ち登り、花火も打ち上がる。
●エンゼルスタジアムでホームとなるエンゼルスが3塁側を使用し、アウェーチームが1塁側を使用する。
●エンゼルスがリードされているか、同点である場合、勝利を信じてということで、マスコットとしてラリーモンキーがバックスクリーンのモニターに登場し、応援を高めている。
特徴
左中間に比べて右中間が狭くなっているが、ライトフェンスが非常に高いため、左のプルヒッターに不利とされている。パークファクターからも、ホームランの出やすい球場とはいえない。
「エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム」・wikipedia-photo、「2003年球場名がエジソン・フィールド時代の球場正面」・wikipedia-photo、「中堅から。右に見える岩からは噴水が出る他、エンゼルスの選手がホームランを打てばここから大量の花火が打ちあがる」・wikipedia-photo、・wikipedia-photo、球場外観・wikipedia-photo  (wikipedia・エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムより)]

エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムウエブサイト

エンゼルス観戦ガイド」 – 「ロサンゼルスのダウンタウンからのアクセス – エンゼルス観戦ガイド」、「アムトラックを知ろう! – エンゼルス観戦ガイド – MLB観戦ガイド

エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム – Google Map 画像リンク

エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム正面のカメラです。右端に大谷の雄姿が‼

エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイムバックネット裏上段観客席のカメラです。

エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム一塁側下段観客席のカメラです。

エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム一塁側上段観客席のカメラです。

エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム、スコアボードサイドからのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*