オルベラ・ストリート

マーカーはオルベラ・ストリートです。

オルベラ・ストリート<(a href="http://en.wikipedia.org/wiki/Olvera_Street">Olvera Street)
[1779年から1781年にかけてメキシコから移ってきた人達が住み着き最初の集落が作られたのがこのオルベラ・ストリートです。そしてこの場所を「天使たちの女王の広場(村)-El Pueble de Nuestra Senora la Reina de Los Angeles de Porciuncula-」と命名。これが今のロサンゼルス(Los Angeles)という地名の由来です。スペインの支配を受けていたカリフォルニア地域は、メキシコ独立戦争の結果、1821年、メキシコに併合されましたが、その後、米大陸東部からの開拓民の流入が始まり、開拓民と地域住民との対立が激化しました。アメリカ合衆国は当初、カリフォルニアを含むテキサスアリゾナニュー・メキシコを購入しようとしましたが、メキシコ政府は拒否し、米墨戦争(1846年-1848年)に発展しました。戦争の結果、カリフォルニアはメキシコから割譲されアメリカ領となり、1850年に合衆国第31番目の州となりました。オルベラ・ストリートには約200mのレンガ敷きの路地に多くのメキシコ料理店や土産物屋が軒を連ねて いる。また広場ではパフォーマンスを楽しむこともできる。このあたり一帯はエル・プエブロ・デ・ロサンゼルス州立歴史公園として現在も歴史的な建物が保存されています。 (「ロサンゼルス発祥の地オルベラ・ストリート」より)]

Olvera Street – Google Map 画像リンク

オルベラ・ストリート南端のカメラです。

オルベラ・ストリート北端のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*