アーガイル・カット

マーカーはカメラ位置です。

アーガイル・カット(アーガイル・トンネル)
[アーガイルトンネルは、アーガイルカットとも呼ばれているシドニーロックスにある歴史的な名所。ここは一見ただの汚いトンネルですが、実は昔、オーストラリアに連れてこられた囚人が、ノミとハンマーで一生懸命掘ったトンネルなのだそうです。オーストラリアは昔、イギリスから流刑にされた囚人たちが送られてくる島だった。このあたりはロックスと呼ばれるくらい岩山が多い地域だったが、シドニーコーブからミラーズポイントまでの道を作るため、道具もなにもないこの島で、囚人たちは1843年から24年の歳月をかけてこのトンネルをノミとハンマーで作った。今も壁にはノミの跡がしっかり残っている。また、きりだされた石は、サーキュラーキーの埋め立てにつかわれたそうです。また、ここは映画「マトリックス」の撮影にも使われた場所だそうです。  (「アーガイル・トンネル(アーガイル・カット),Argyle Cut|ユー …」より)]

[アーガイル・カットとは、 アーガイル通りの切り通し(山や丘を切り開いて通した道路)の意で、 ロックスの砂岩の丘に掘られたトンネルのこと。 シドニー湾とダーリン・ハーバー、ミラーズ・ポイントを結んでいます。 このトンネルの工事は1843年に流刑囚たちがハンマーとノミで始め、 1867年に爆薬を使って完成させました。 大体の規模は、長さ100m、幅15m、深さ10m位掘った感じです。  (「アーガイル・カット – シドニー観光おすすめスポット シドニーの歩き方」より)]

Argyle Cut – Google Map 画像リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*