シドニー・コーチ・ターミナル

マーカーはシドニー・コーチ・ターミナルです。

シドニー・コーチ・ターミナル(Sydney Coach Terminal)
[オーストラリア市外バス(regional bus またはinterstate bus)を利用してシドニーに来ることができます。シドニー行きのバスはほとんどセントラル・レールウェイ・ステーション(Central Railway Station)にあるシドニー・コーチ・ターミナル(Sydney Coach Terminal)に到着します。  (「交通 – Sydney Royal Easter Show」より)]

[オーストラリアのバス会社で、最大手と言えば、Greyhound Pioneer(グレイハウンド・オーストラリア・パイオニア=以後グレハン)他にも、あったんですが統合されたりして、97年当時とはかなり変わったようです。。
2012年現在、Oz Experienceオージー エクスペリエンス バスパス)と言うのもありました。
だから、例えば、シドニーからメルボルンに行きたいだけの人だったら、ファイヤーフライという会社を利用した方が安いかもしれないしオーストラリア国内全部を制覇したいのなら、グレハンの周遊券を利用した方がお得だったりします。
他にも、学生証やYHAカードを見せると割引になったりもするので、カードは試しに見せてみるのが一番。  (「長距離バスについて – wnize」より)]

[グレイハウンド・オーストラリアは国内全域にネットワークを持つオーストラリア唯一の長距離バス会社です。国内航空会社が発達してきたものの、一つ一つの小都市をゆっくり自分のペースで楽しみたい旅行者に、バス旅行はさまざまな思い出を提供してくれます。 毎日1100ヶ所を越える地域にバスを運行しており、東海岸ではシドニー – ケアンズ間を一日に12便、オーストラリア中央部には1日6便運行しています。1区間のチケットだけでなく、オージーキロメーターパス、オージーエクスプローラーパスの購入が可能。YHAカード、VIPカード、国際学生証をお持ちの方の割引料金もございます。
オージーキロメーターパスについて
オージーキロメーターパスでは、旅程に合わせて好きなだけ何回でもバスの乗降ができます。また、同じ路線を何度も往復することも可能です。2,000~20,000kmの間でしたら、希望される距離数に合わせてチケットを購入することが出来ます。購入チケットの距離がすべて消費されるまでバスを利用することができ、グレイハウンドが網羅する地域であればどこへでも行くことができます。  (「バス | H.I.S. オーストラリア」より)]

Greyhound Bus – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がシドニー・コーチ・ターミナルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*