シドニー天文台

マーカーはシドニー天文台です。

シドニー天文台(Sydney Observatory)
[1857年建造のオーストラリア最古の天文台。南半球の天文学のために貢献してきましたが、都市開発により観測が困難になってきたため、1982年から博物館として公開されるようになりました。1874年からの古い望遠鏡と最新式の望遠鏡のふたつがあり、天文学やアボリジニの星の伝説などの展示もあります。3Dを駆使したムービーや天体望遠鏡を覗かせてもらえるガイドツアーなども行われており、夜に行われる天体観測は大変人気があるので事前に予約を入れたほうがよいでしょう。昼間のガイドツアーでも天体望遠鏡で昼間の白い月やハーバー・ブリッジ・クライム中の人々などを覗くなどして結構楽しいものです。天文台のあるこの丘はシドニーでいちばん高い丘。かつてはアボリジニの人々が星を眺め、伝説を語り継ぐのに使用されていた場所です。現在ではビルに囲まれたエリアになってしまいましたが、それでも緑のあふれるハーバーやハーバーブリッジを眺められる素敵な場所。日本よりも澄み切った夜空を堪能できます。  (「博物館・美術館めぐり」より)]

[現在の天文台・wikipedia-photo、夜の天文台・wikipedia-photo、天文台ヒルはシドニーハーバーブリッジの素晴らしい景色を提供します・wikipedia-photo、1874年の天文台・wikipedia-photo]

シドニー天文台 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がシドニー天文台です。

シドニー天文台内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*