セント・アンドリュース大聖堂

マーカーはセント・アンドリュース大聖堂です。

セントアンドリューズ大聖堂(St Andrew’s Cathedral, Sydney)
[セントアンドリューズ大聖堂 (シドニー) (英語:St. Andrew’s Cathedral, Sydney)はオーストラリアシドニーの中心街にあるオーストラリア聖公会・シドニー教区の主教座聖堂である。今の建物は1868年にゴシック・リヴァイヴァル建築として建設された。  (wikipedia・セントアンドリューズ大聖堂_(シドニー)より)]

[タウンホール脇にあるネオゴシック様式の大聖堂。1819年に着工し、ほぼ現在の形に完成したのは1868年のことだ。堂内のステンドグラスの美しさは、シドニーに数ある教会の中でも有数だ。  (「地球の歩き方」より)]

[「セント・アンドリュース大聖堂の西塔」・wikipedia-photo、「西正面には、ゴシックデザインのブラケットの熟達を示しています。」・wikipedia-photo、1941年に作られたイーストエンドの入り口・wikipedia-photo、「2000年の復元中に東を見る、東の窓の前に足場が」・wikipedia-photo、身廊・wikipedia-photo、南通路・wikipedia-photo、ブロートン神父の椅子と追悼・wikipedia-photo、BPブロートンの椅子・wikipedia-photo、「ハンマー・ビームの屋根」・wikipedia-photo、チャプターハウスの階段・wikipedia-photo、「バーミンガムのハードマン・アンド・カンパニーによる、イエスキリストの生涯と教えを示した、27ウィンドウのシリーズの一つ」・wikipedia-photo、パイプオルガン(1866製作)・wikipedia-photo、「セント・アンドリューズとシドニー市庁舎、1900年頃」・wikipedia-photo]

セント・アンドリューズ大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がセント・アンドリュース大聖堂西ファサードです。

セント・アンドリュース大聖堂北ファサードのカメラで、カメラ北方向がシドニー市庁舎南ファサードです。

セント・アンドリュース大聖堂東ファサードのカメラです。

セント・アンドリュース大聖堂東ファサードゲート前のカメラです。

セント・アンドリュース大聖堂内クロッシングのカメラで、カメラ東方向が内陣になります。

内陣・アプス前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*