ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館

マーカーはニュー・サウス・ウェールズ州立美術館です。

[グーグル・アート・プロジェクトは、グーグル社のストリートビュー技術をそのまま美術館内部にまで持ち込み隅々まで撮影し、web上で公開しています。]

ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(英語:Art Gallery of New South Wales 略称:AGNSW)
[ニューサウスウェールズ州立美術館は、オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州シドニーのThe Domainに置かれている、シドニー市内で最も重要な公立美術館であり、ナショナル・ギャラリー・オブ・ビクトリア National Gallery of Victoriaに続きオーストラリアで2番目の大きさを誇っている。2003年にはアジア・ギャラリーがオープンした。アボリジニ・アートや現代オーストラリアの芸術品のみならず、フレデリック・レイトンといったイギリスの芸術家の作品や、イタリアからはカナレットアーニョロ・ブロンズィーノフランドルからピーテル・パウル・ルーベンス、近代ヨーロッパからはパブロ・ピカソピエール・ボナールクロード・モネカミーユ・ピサロオーギュスト・ロダンアルベルト・ジャコメッティなどの作品を収蔵している。
「ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館」・wikipedia-photo
(画)アーニョロ・ブロンズィーノ”Cosimo I de’ Medici in armour”(c.1545)・wikipedia-photo(Google Arts & Culture)、(画)ヤーコプ・ファン・ロイスダール” view of Bentheim Castler”(1655/1660)・wikipedia-photo、(画)ウジェーヌ・ドラクロワ“Angelica and the wounded Medoro”(c.1860)・wikipedia-photo、(画)カミーユ・ピサロ”Peasants’ houses, Eragnyr”(1887)・wikipedia-photo、(画)ポール・セザンヌ” Banks of the Marne”(c.1888)・wikipedia-photo、(画)ジョン・マザー”Mosmans Bay”(1889)・wikipedia-photo、(画)ウィリアム・ピゲニット”The flood in the Darling”(1895)・wikipedia-photo、(画)エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー” Three Bathers”(1913)・wikipedia-photo  (wiukipedia・ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館より)]

[ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館は、木々のグリーンが美しい公園ドメイン(Domain)の中にある美術館。エントランスに建ち並ぶ6本の円柱が美しく、アメリカの裁判所を思わせるような威厳ある風格。アボリジニ・アートを集めたイリバナ・ギャラリーはオーストラリア国内最大の収集といわれています。ヨーロッパをはじめ世界から集められた絵画も展示。1871年Walter Liberty Vernon (1846-1914)の設計で建設された。]

ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館ホームページ

ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館館内図(詳細リンク)

ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がニュー・サウス・ウェールズ州立美術館です。

ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館エントランスホールのストリートビューです。

2020年展示 – アーニョロ・ブロンズィーノ『Cosimo I de’ Medici in armour』(1545年)

カメラ初期設定方向中央はピーテル・パウル・ルーベンスの自画像で模写と思われ、本物はキャンベラのオーストラリア国立美術館所蔵になっています。その左がルーベンス『Constantius appoints Constantine as his successor』(1622年)、左壁・The Master of the 1540sPortrait of a young woman』(1541年)

2020年展示のルーベンス『Constantius appoints Constantine as his successor』(1622年)

エドゥアール・デタイユ皇帝万歳』(1891年)

カメラ方向下・ポール・セザンヌ『Banks of the Marne』(1888年)、上・クロード・モネ『Port-Goulphar, Belle-Île』(1887年)

カメラ初期設定方向左・エドワード・ポインターVisit of the Queen of Sheba(シバの女王の訪問)』(1871年 – 1875年)、中央・フレデリック・レイトンWinding the skein』(1878年)、右・エドウィン・ロング(Edwin Long)『A Dorcas meeting in the 6th century』(1873-1877年)

ルパート・バニー、右『Summer time』(1907年)、左『A summer morning』(1908年)

ウィリアム・ピゲニット、カメラ初期設定方向左『The flood in the Darling』(1895年)、右『コジオスコ』(1903年)

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー『Three Bathers』(1913年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*