ハイド・パーク・バラックス

マーカーはハイド・パーク・バラックスです。

ハイド・パーク・バラックス(Hyde Park Barracks, Sydney)
[1819年に男性囚人宿泊所として建てられたもの。設計は上記のカドマンズ・コテージやセント・ジェームズ教会なども手がけた、当時の人気建築家フランシス・グリーンウェイ(Francis Greenwat)。彼も囚人として連れてこられた1人でした。建物は移民収容所や裁判所などを経て、1980年から博物館として公開されています。フロアに囚人達の眠ったハンモックがずらりと並べられており、狭い場所に押し込められていた当時の様子が想像できます。当時のしましまの囚人用の服などを展示した展示室もあります。  (「歴史のある名所を見学」より)]

[ハイドパークバラックス・wikipedia-photo、「2006年11月23日から12月25日までの、マッコーリー・ナイト・ライト時のハイドパークバラックス」・wikipedia-photo、ハイドパークバラックス内のアイルランドの飢饉記念・wikipedia-photo、「1914年、ウィリアム・ハーディー・ウィルソンによるハイドパークバラックスの絵」・wikipedia-photo]

Hyde Park Barracks – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がハイド・パーク・バラックスです。

ハイド・パーク・バラックスのストリートビューです。

ハイド・パーク・バラックス内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*