ガバメント・ハウス

マーカーはガバメント・ハウスです。

ガバメント・ハウス(Government House, Melbourne)
[ガバメント・ハウスは、1871年-1876年にビクトリア植民地公共建設局主任ウィリアム・ワーデルの設計で建設された、ビクトリア植民地総督の公邸でした。1901年にオーストラリア連邦が成立してメルボルンが連邦の首都になり、1927年まではオーストラリアの総督公邸となった。その後、現在までは、ビクトリア州総督の公邸です。植民地時代、連邦首都時代、ビクトリア州時代とステータスは変わりましたが、メルボルンを訪問した貴賓をもてなしてきたのは、常にこの総督公邸で、エリザベス2世_(イギリス女王)、ローマ法王なども訪問した。 (「ビクトリア州総督公邸 Government House」より)]

[「政府ハウスは頻繁に一般に公開されている、オーストラリアデー」・wikipedia-photo、「ビクトリア州の知事のフラグを掲げる、ガバメントハウスのベルヴェデーレ塔」・wikipedia-photo、「ステートルームは、かつて大英帝国で最大と評されました。」・wikipedia-photo、ステートダイニングルームのテーブルに54人が座っている・wikipedia-photo、「ガバメント・ハウスの内部は新古典派のスタイルで装飾されいる」・wikipedia-photo]

Government House – Google Map 画像リンク」「Government House Ballroom – Google Map 画像リンク」「ガバメント・ハウス・ガーデンズ – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がガバメント・ハウスのゲートです。

カメラ東方向がガバメント・ハウスです。

ガバメント・ハウス大ホールのカメラです。

ガバメント・ハウス前庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*