クックス・コテージ

マーカーはクックス・コテージです。

クックス・コテージ(英語:Cooks’ Cottage)
[メルボルンには、海洋史上最も重要な人物の一人、キャプテン・クックの生家があります。1934年のメルボルン100年祭を記念して、イギリスにあった1755年建造の家を、フィッツロイ庭園内へ移築したものです。館内にはクックゆかりの品々が展示され、1700年代の暮らしを垣間見ることができます。
クックのコテージには、訪れたておきたい理由がいくつもあります。
クックのコテージは、メルボルンの豊かな歴史を知る上でも重要なシンボルのひとつであること。そして、中に一歩足を踏み入れると、クック一家の生活の様子が、2階建てのコテージ(家)の隅々から垣間見ることができます。この小さな家は、ジェームス・クック船長の人生と航海のすべてを知ることができる重要な役割を果たしているのです。
クックとその家族たちが会話した部屋で、耳を澄まし、18世紀の家族の一員に加わってみてください。そして、記念撮影をしたら、ここから絵葉書を投函してみてはいかが? クックス・コテージの郵便ポストに投函された手紙だけに押される、オリジナル消印が押されて届きますので、良い記念になるはずです。
歴史的なコテージと伝統的な英国式ガーデンとそこに植えられた植物やハーブについて、そして、併設されたディスカバリーセンターをくまなく見て回ることで、18世紀の生活の様子を身近に体験できることでしょう。  (「キャプテン・クックの生家(クックス・コテージ …」より)]

Cooks’ Cottageホームページ

Cooks’ Cottage – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がクックス・コテージです。

フィッツロイ・ガーデンのストリートビューで、カメラ東北東方向がクックス・コテージです。

クックス・コテージ内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*