セント・ポール大聖堂

マーカーはセント・ポール大聖堂です。

セント・ポール大聖堂(St Paul’s Cathedral, Melbourne)
[セント・ポール大聖堂は、英国国教会のビクトリア教区の大聖堂で、ゴシック様式の建物です。大聖堂は当初、イギリスゴシック・リヴァイヴァル建築の代表的な建築家ウィリアム・バターフィールド の設計で進められたが、バターフィールドは、1884年に辞任し、その後メルボルンの建築家ジョセフ・リード(Joseph Reed)の手によって建設された。セント・ポール大聖堂の礎石は1880年に行われ、1891年1月22献堂された。尖塔の建設は、1926年まで開始されなかった。 大聖堂のパイプオルガンは、イギリス・ブリクストンのTC.ルイス・アンド・カンパニーで製造、輸入され、1891年に設置された、19世紀の最高級なものです。大聖堂の内装は豪華な装飾、聖書の一部をモチーフにしたステンドガラスが施され。また、宗教音楽のコンサートが催されるほど、大聖堂の楽器、音響効果は評価されている。
セント·ポール大聖堂:The North Face(ノースフェイス)と尖塔・wikipedia-photo、フリンダース·ストリート駅から見た聖堂・wikipedia-photo、尖塔(ゴシック·リバイバル)・wikipedia-photo、夜景・wikipedia-photo、セントポールの内側(アーケード)・wikipedia-photo、・wikipedia-photo、・wikipedia-photo、パイプオルガン・wikipedia-photo、ステンドグラス・wikipedia-photo、インテリア・wikipedia-photo、ウエストエンド・wikipedia-photo、サンクチュアリ・wikipedia-photo、インテリア(教皇ヨハネ・パウロ2世の訪問記念)・wikipedia-photo、チャペル・wikipedia-photo]

St Paul’s Cathedral, Melbourne – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がセント・ポール大聖堂です。

セント・ポール大聖堂拝廊のストリートビューです。

セント・ポール大聖堂身廊のストリートビューです。

セント・ポール大聖堂内陣前のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*