チャイナタウン

マーカーはラッセル・ストリート(Russell St)です。

チャイナタウン(Chinatown, Melbourneオセアニアのチャイナタウン)
[メルボルンのチャイナタウンは、東のスプリング通り(Spring Street)からエリザベス通り(Elizabeth Street)まで続いている。チャイナタウンは1851年にビクトリア朝のゴールドラッシュの時代に設立された、オーストラリアで最古の中国人居留地で最も古いチャイナタウンです。数々の中華料理店が並ぶ中には日本食や韓国料理、タイ料理やマレーシア料理のレストランもあり、常に活気のある通りである。毎年旧正月にはドラゴンや獅子舞が登場する盛大なフェスティバルがわれる。
チャイナタウンの旧正月のお祝い・wikipedia-photo、チャイナタウン・wikipedia-photo、夜のチャイナタウン・wikipedia-photo]

[多文化都市メルボルンは、国際色豊か。中でも、メルボルンのチャイナタウンは、アジア料理店やカラオケ店、カクテルバー、ファッションブティックなどが軒を並べ、新しい食と文化の世界へと誘ってくれます。
メルボルンのチャイナタウンは、リトル・バークストリートを中心に、スワンストンストリートからスプリングストリート辺りまでの一角に位置し、19世紀の建物が並ぶオーストラリア最古のチャイナタウンです。
おいしい飲茶に舌鼓!
チャイナタウンでは、おいしい飲茶が食べられます。「Shark Fin」、「Supper Inn」、「Westlake」は、飲茶ランチにおすすめ!高級広東料理レストランとして有名な「Flower Drum」は、一度は訪れてみたいメルボルンのベストレストランのひとつです。
チャイナタウンの隠れ家バー
チャイナタウンでは、食べるのはもちろん、粋なバーも見逃せません。「Croft Institute」や「New Gold Mountain」、「Fad Gallery」は地元でも人気のバー。ネオンサインに誘われてふらっと八寄ってみてはいかが?
オーストラリアにおける中国移民の歴史を知る
中心部のコーエンプレースにある「中国博物館Chinese Museum」では、オーストラリアにおける中国と文化を知ることができます。リトル・バークストリートから入ったところにあり、ガイドツアー(要予約)も実施しています。メルボルンの異文化、別の顔を垣間見ることができるかも?
中国のお祭りをエンジョイ!
チャイナタウンでは、年間を通して、様々なイベントやお祭りを開催しています。中でも、アジア料理フェスティバルや中国の旧正月を祝うお祭りは見逃せません。
チャイナタウンの行き方
トラム利用:スワンストンストリートからバークストリート、または、ロンズデールストリートを通るトラムならどれでも利用できます。無料のシティサークルトラムなら、スプリングストリートのパーラメントハウスで下車。
無料バス:メルボルン市内を巡る無料バス「シティツーリストシャトル」も利用できます。4番の停留場で下車。
徒歩:フェデレーションスクエアから北へ向かって、スワンストンストリート方面へ、約5分です。  (「チャイナタウン, オーストラリア ビクトリア州 メルボルン」より)]

メルボルン中華街 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がチャイナタウンです。

カメラ位置はラッセル・ストリート(Russell St)で、カメラ東北東方向、西南西方向がチャイナタウンです。

カメラ西南西方向がチャイナタウンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*