フィッツロイ・ガーデン

マーカーはフィッツロイ・ガーデンです。

フィッツロイ・ガーデン(英語:Fitzroy Gardens)
[フィッツロイ・ガーデンは、150年の歴史を誇る、総面積26ヘクタールの緑豊かな公園で、ニューサウスウェールズ州(1846-1851)、オーストラリアの植民地(1851-1855)を統治していたチャールズ・オーガスタス・フィッツロイにちなんで名付けられた。市民の憩い場としても親しまれ、また観光としても見所が多いので、とても人気のある公園です。園内はイギリスの国旗ユニオン・ジャックを模して造られている。  (「フィッツロイ・ガーデン – GO 豪 メルボルン」より)]

[フィッツロイ庭園は、イースト・メルボルンの南側にある、約150年の歴史を持つ26ヘクタールの緑豊かな公園である。フィッツロイ庭園は、メルボルン在住者はもとより観光客も多く訪れ、その数は毎年200万人にもおよぶ。
メルボルン市内から徒歩20分程度で行くことができ、移築されたキャプテンクックの家、イギリスの古い村をミニチュアにしたチューダー村もあるので、近隣のセントパトリック大聖堂とともに訪れたい観光スポットの1つである。
フィッツロイ庭園の歴史は、1848年に「フィッツロイ広場(Fitzroy Square)」として始まり、1862年に「フィッツロイ庭園(Fitzroy Garden)」にその正式名称が変更される。「フィッツロイ」は、ニューサウスウェールズ州知事、オーストラリア植民地提督であった、チャールズ・オーガスタス・フィッツロイ(1796-1858)より、その名前がとられた。
フィッツロイ庭園内には、1934年にイギリス・ヨークシャー州より移築された、キャプテンクックの家(キャプテンクック・コテージ)があり、入場料($6.50、2018年現在)がかかるが内部を見学することが可能だ。
園内にあるイギリスの古い村をミニチュアにしたチューダー村は、第2次世界大戦時にメルボルンからイギリスへ食糧援助をした感謝の印として、イギリス在住の個人より送られたものである。  (「フィッツロイ庭園 – トラベルドンキー」より)]

[フィッツロイ庭園の妖精ツリー・wikipedia-photo、「庭園のイングリッシュ・エルム通り」・wikipedia-photo、庭園の午後の日差し・wikipedia-photo、「傷跡ツリー – Wurundjeri人によるメルボルンの元の居住地の印」・wikipedia-photo]

フィッツロイ・ガーデンズ – Google Map 画像リンク」「フィッツロイ・ガーデンズ – Google Map 画像リンク」「プレーン・ツリー・ウォーク – Google Map 画像リンク」「Sinclair’s Cottage – Google Map 画像リンク」「The Fairies Tree – Google Map 画像リンク」「The Conservatory – Google Map 画像リンク」「Model Tudor Village in Fitzroy Gardens – Google Map 画像リンク

ストリートビュー位置はフィッツロイ・ガーデンで、カメラ西方向の遠路先にクックス・コテージがあります。

フィッツロイ・ガーデン内のミニチュアガーデン前のカメラです。

クックス・コテージ前のカメラです。

温室内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*