フェデレーション・スクエア

マーカーはフェデレーション・スクエアです。

フェデレーション・スクエア(Federation Square)
[メルボルンのフェデレーション・スクエアは、人々が集う場所です。 見どころ、博物館、美術館、レストラン、カフェ、バーが多数集まっている創造性に富んだ広場で、ユニークな文化の中心地として親しまれています。また、メルボルンのイベントの中心地でもあり、多文化のフェスティバル、マーケット、映画の上映会、スポーツ・イベントなど、年間2000件を超えるイベントが開催されます。 最大収容人数は10,000名です。市内の1ブロック全体を占め、西オーストラリア州(Western Australia)、キンバリー(Kimberley)地域の砂岩で舗装されているフェデレーション・スクエアは、通りより少し高いところにあるため、メルボルン市内、サウスバンク(Southbank)、ヤラ川(Yarra River)のすばらしい景色を楽しむことができます。  (「フェデレーション・スクエア、メルボルン(Melbourne)、ビクトリア州 …」より)]

[フェデレーションスクエア・wikipedia-photo、「ユーレカタワースカイデッキからのフェデレーション・スクエア」・wikipedia-photo、フェデレーションスクエアの360°パノラマ・wikipedia-photo、フェデレーションスクエアの夜景パノラマ・wikipedia-photo、メイン広場の舗装・wikipedia-photo、「大画面は、公共のイベントに使用されます」・wikipedia-photo、セント·ポール大聖堂を見る・wikipedia-photo、アトリウム空間のガラスの壁・wikipedia-photo、「フリンダース・ストリート駅とEastern Shardの歪んだガラス、メルボルンビジターセンターへの入り口」・wikipedia-photo、「イアン・ポッター·センターの入り口」・wikipedia-photo、BMWエッジ劇場の座席・wikipedia-photo、ACMI( Australian Centre for the Moving Image)・wikipedia-photo、SBS本社・wikipedia-photo]

フェデレーション・スクエア – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向階段上がフェデレーション・スクエアで、カメラ東南東方向がACMI( Australian Centre for the Moving Image)です。

カメラ東方向がフェデレーション・スクエアです。西方向は、フリンダーズストリート駅構内で、カメラ北北東方向にインフォメーションがあります。

フェデレーション・スクエアのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*