フリンダース・ストリート駅

マーカーはフリンダース・ストリート駅です。

フリンダース・ストリート駅
[フリンダース・ストリート駅は、1854年にオーストラリアで最初に作られたメルボルンのシンボルとなっている歴史的建造物です。昔も今も待ち合わせ場所として地元の人々から親しまれています。 単なる駅舎として見過ごせないユニークかつ優雅な姿は、エドワーディアン・バロック調と呼ばれる建築様式。1902年に行われたデザイン・コンペで採用され、現在のような赤とクリーム色のレンガによる装飾は、1905~1910年にかけて完成したもの。  (「雪まつり開会式会場になるフリンダース・ストリート駅」より)]

[フリンダースストリート駅は、フリンダースストリートとスワンストンストリートの交差点に位置する、1日約25万人が利用するターミナル駅です。ここから、メルボルン郊外への電車が出ています。オーストラリア国内初の駅として、1854年に完成しました。エドワード王朝風の威風堂々たる外観の建物は、メルボルンのシンボルとして、国内外から広く愛されています。また、市民や観光客から、代表的な待ち合わせスポットとしても人気です。
ガイドツアーに参加することで、この駅とメルボルンについて、より不可っく知ることができます。また、駅の下には、キャンベルアーケードと呼ばれる地下街があり、数件のショップと定期的に変わるイベントが開催されています。キャンベルアーケードへは、デグレーブストリートの中ほどに入口があり、フリンダースストリート駅の地下改札口に繋がっています。  (「フリンダースストリート駅, オーストラリア ビクトリア州 メルボルン」より)]

[フリンダース駅の構内に花屋さんもある。  (「フリンダース・ストリート駅の花屋」より)]

フリンダースストリート駅 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がフリンダース・ストリート駅で、カメラ西北西方向にメルボルンでも名所のひとつである、ホテルヤング アンド ジャクソン (Hotel Young & Jackson)がある。
[Young & Jacksonの2階に、メルボルンの歴史、風格、雰囲気などどれをとってもNo1のバー・クロエズバー(Chloe’ Bar)がある。  (「メルボルン百景 – フリンダーススクエア – クロエズバー Chloe’ Bar」より)]
ヤング&ジャクソン – Google Map 画像リンク

フリンダース・ストリート駅口のカメラです。

フリンダース・ストリート駅口内のカメラです。

フリンダース・ストリート駅プラットホームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*