プリンセス劇場

マーカーはプリンセス劇場です。

プリンセス劇場(Princess Theatre (Melbourne))
[プリンセス劇場は、2代目の建物で、最初の劇場は、1854年メルボルンにいくつもの劇場を所有し、メルボルンの劇場の父と呼ばれていた、George Coppinによって建設された。1885年には、当時の経営グループによりプリンセス劇場の新築が決定された。新しいプリンセス劇場の建築様式は、フランスのナポレオン3世時代であるフランス第二帝政様式で、窓の詳細な装飾が見事で、ゴールドラッシュ次代の栄華がしのばれる劇場で、世界初のスライド式の開閉天井や、電気式照明設備など当時の世界の最先端技術が投入された。1886年のオープニングでは、江戸将軍をモチーフにしたGilbert and Sullivanの代表作ミカドThe Mikadoが公開された。1922年には、メインホールは、アダムスタイル(Adam_style)と呼ばれる様式にて改装された。  (「プリンセス劇場」より)]

[メルボルンで最も見ごたえのある名所とも言われる壮大な劇場。創設から 150 年以上にわたって観客を楽しませてきました。
旅行者も地元住民もオペラ座の怪人やレ ミゼラブルなどの有名な作品を観るために、メルボルンのプリンセス シアターに押し寄せます。
日が暮れたら劇場を訪れて、メルボルン屈指の人気を誇る舞台で公演をお楽しみください。ときにはホールの 1470 席を埋め尽くすほどの観客が、この居心地のいい環境に集まって来ます。
ここに住み着いているとのうわさがある有名な幽霊を見つけてみてください。1888 年に舞台上で心臓発作を起こして亡くなった、フェデリッチというオペラ歌手の霊だと言われています。彼を偲んで、ドレス サークルには毎晩彼のための席が用意されています。長年にわたって、役者やスタッフから多くの目撃情報が伝えられてきました。1970 年代に制作されたドキュメンタリーに、青ざめた顔の人影が写っていたこともあります。
観劇の前に、劇場内のビストロ フェデリッチでお食事はいかがでしょうか。ご家族で昼の公演を観てから、チャイナタウン付近に多数あるレストランやカフェで軽くお食事されてもいいでしょう。すわり心地のよい赤い座席にゆったりと腰かけて公演を楽しめます。席につくと劇場の建築様式や天井のデザインに圧倒されます。幕間には、きらびやかな外観とクラシックなステンド グラスを写真に収めることもお忘れなく。
プリンセス シアターは 1854 年の創設当時、時代に先がけて可動式の屋根と電気式の舞台照明を備えていました。100 年以上の月日が流れて老朽化していましたが、現在は一等地にあるメルボルン文化の重要スポットとなっています。
チケットはインターネットか電話で購入できます。年齢による入場制限はなく、お子様用のシート クッションも用意されています。劇場は町の中心部のスプリング通りにあります。天津庭園と州議事堂庭園のすぐそばです。地下鉄のパーラメント駅からは歩いて 2 分の距離です。無料の市内巡回路面電車も劇場まで運行しています。  (「プリンセス劇場, メルボルン | エクスペディア」より)]

[メルボルンのプリンセス劇場とスプリングストリート・wikipedia-photo、スプリングストリートのファサードwikipedia-photo]

[プリンセス劇場の南隣にワインバー・Wine Shop and Bar、その隣にカフェ・ヨーロピアン(Cafe European)がある。  (「メルボルン百景 – スプリング通りトップ – ヨーロピアン The European」より)]

プリンセス劇場 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がプリンセス劇場です。

プリンセス劇場観客席からのカメラです。

カメラ位置はプリンセス劇場南隣で、カメラ西南西方向右にカフェ・ヨーロピアン(Cafe European)、左にワインバー・Wine Shop and Barがあります。
The European – Google Map 画像リンク」「City Wine Shop – Google Map 画像リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*