ロイヤルボタニカルガーデン(Royal Botanical Gardens)

マーカーはロイヤルボタニカルガーデン(Royal Botanical Gardens)です。

ロイヤルボタニカルガーデン(Royal Botanical Gardens 王立植物園)
[メルボルンに来たら、ここへも必ず訪れたいロイヤルボタニカルガーデン(Royal Botanical Gardens 王立植物園)。1842年に造園された歴史ある英国式庭園です。その敷地は約40万㎡もあり、約7kmの遊歩道が整備されています。敷地内には、1万2000種以上の植物が植えられており、50種類以上の野鳥が生息しています。また、訪問客は、毎年160万人以上にものぼります。英国王立学会の目的を受け継ぐ植物園。キャプテンクックが、英国王立学会の要請により、はるばる南太平洋を目指した目的のひとつが、新しい植物を見つけることでした。このロイヤルボタニカルガーデンこそが、その目的を直接的に受け継いでいる場所なのです。オーストラリア建国の背景がここにあります。  (「ロイヤル・ボタニカル・ガーデン,Royal Botanical Gardens …」より)]

ロイヤル植物園 – Google Map 画像リンク」「パーム・ローン – Google Map 画像リンク」「ローズ・パビリオン – Google Map 画像リンク」「Guilfoyle’s Volcano – Google Map 画像リンク」「William Tell Rest House – Google Map 画像リンク

ロイヤルボタニカルガーデン(Royal Botanical Gardens)のストリートビューで、カメラ東方向がロイヤルボタニカルガーデン(Royal Botanical Gardens)エントランスです。

オーナメンタル湖サイトのカメラです。

オーナメンタル湖サイトのストリートビューです。

Guilfoyle’s Volcano

カメラ南南西方向にWilliam Tell Rest Houseがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*