メルボルン博物館

マーカーはメルボルン博物館です。

メルボルン博物館(Melbourne Museum)
[グーグル・アート・プロジェクトは、グーグル社のストリートビュー技術をそのまま美術館内部にまで持ち込み隅々まで撮影し、web上で公開しています。]

[メルボルン博物館は、オーストラリアが誇る自然科学と歴史文化をテーマにした博物館。カールトン庭園内の王立展示館に隣接する、ひときわ目を引く近未来風の建物が南半球最大規模を誇るメルボルン博物館です。
メルボルンで来場者数が最も多い観光名所の1つで、博物館の展示場とブンジラカ・アボリジニ文化センター、IMAXシアター等に分かれています。
博物館展示に関しては、3階建の建物は8つの独立したギャラリーに分かれています。7つのメインギャラリー、子供ギャラリー、特別展示ギャラリーは6つのテーマ(オーストラリア社会、先住民族、人間の心と体、科学、技術、環境)を軸に、さまざまな趣向を凝らした展示がされ各テーマが掘り下げられ、見応えがあります。ビクトリア州の先住民族の物語に耳を傾け、シロナガスクジラの全身骨の中を歩き、恐竜の化石から鉱石、動物や人など生命に関する展示、ビクトリア州の森をリアルに再現したギャラリー、地球の地質や生態について詳しく学んでください。
中でもお勧めは、先住民族アボリジニの歴史や文化、芸術を紹介するブンジラカ・アボリジニ文化センターです。アボリジニ伝統文化の貴重なコレクションの展示や、パフォーマンスを鑑賞することができます。アボリジニの視点から歴史をたどるギャラリーは、アボリジニが大陸に渡ってきてからどんな生活をしてきたか、今日のアボリジニの人たちの声まで、充実した内容です。
開館時間: 10時から17時(グッドフライデー、クリスマスデーは休館)
入場料: 大人6ドル(特別展は別料金)、子供無料  (「家族で学ぼう。メルボルンの博物館を大特集 | ベルトラマン」より)]

メルボルン博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がメルボルン博物館です。

メルボルン博物館エントランスホールのストリートビューです。

メルボルン博物館展示ホールのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*