Russell’s Old Corner Shop & Luncheon

マーカーはRussell’s Old Corner Shop & Luncheon です。

Russell’s Old Corner Shop & Luncheon
[キング通りとラトローブ通りの交差点に建つこの小さな住居は、メルボルンの市内で最も古い住居です。ビクトリア州でも最も古い住居で、James Heffersonにより1850年に建築が始まり、1851年に完成しています。1899年にV.S. Azzapardiがこの家でニュースエージェンシーと雑貨店を開店しました。その後、V.S. Azzapardiの娘夫婦であるBeatriceとGeorge Russellが1930年に現在のお店(カフェ兼雑貨屋)Russell’s Old Corner Shop & Luncheon Roomを開店し、1989年にAzzapardiのひ孫夫妻に引き継がれています。  (「メルボルン百景 – キング通り – メルボルン最古の住居」より)]

Russell’s Old Corner Shop – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がRussell’s Old Corner Shop & Luncheon です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*