カナダ国立美術館

マーカーはカナダ国立美術館です。

カナダ国立美術館 (英語:National Gallery of Canada, フランス語:Musee des beaux-arts du Canada)
[カナダ国立美術館はカナダオタワにある美術館。ガラス張りの外装が個性的な美術館である。1880年にカナダの総督ジョン・ダグラス・サザーランド・キャンベルによって設立された。1882年には最高裁と同じ建物の中に移動し、1911年には現在カナダ自然博物館となっている建物に移る。現在の建物に移ったのは1988年のことである。1985年にはカナダ国立映像委員会と提携してカナダ現代写真美術館が付属として設立された。カナダ国立美術館のコレクションには絵画、素描、彫刻、写真などが含まれ、特にアンディ・ウォーホル等の現代美術家の作品が充実している。2005年には彫刻家ルイーズ・ブルジョワの “Maman”が正面に設置された(六本木ヒルズにも同じシリーズが展示されている)。
カナダ国立美術館・wikipedia-photo、ルイーズ・ブルジョワ作“Maman”・wikipedia-photo  (wikipedia・カナダ国立美術館より)]

[1880年創立。現在の建物は、建築家モシュ・サフディの構想によるもので1988年5月に移転、オープンしたもの。広場には、ルイーズ・ブルジョワ作の巨大な蜘蛛のブロンズ像「ママン」が展示されている。2005年に320万ドルで購入したこの作品は6体作られており、日本の六本木ヒルズをはじめ、ニューヨークグッゲンハイム美術館ロンドンテート・モダン等にも展示されている。中世イタリアの宗教画をはじめ、マチスゴッホセザンヌクリムトミレーモネゴーギャンといった現代美術の巨匠の作品の他にも”グループ・オブ・セブン”と呼ばれるカナダの芸術家たちの作品やイヌイットによる伝統工芸も展示している。  (「在カナダ日本国大使館: オタワ案内 – 国立美術館」より)]

カナダ国立美術館ホームページ
カナダ国立美術館平面図(拡大図)


カナダ国立美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がカナダ国立美術館で、カメラ北東方向がノートルダム大聖堂です。

カナダ国立美術館内ホールのカメラです。

カナダ国立美術館展示室のカメラです。

レンブラント・ファン・レイン作『自画像』(1640年以降)(wikipedia-photo)

カテゴリー:カナダ国立美術館のヴィンセント・ヴァン・ゴッホによる絵画

フィンセント・ファン・ゴッホ作『アイリス』(1889年)(wikipedia-photo)

[1889年5月8日、ファン・ゴッホは、サル牧師に伴われ、アルルから20キロ余り北東にあるサン=レミのサン=ポール=ド=モーゾール修道院(Monastère Saint-Paul-de-Mausole)療養所に入所した。病院長テオフィル・ペロンは、その翌日、「これまでの経過全体の帰結として、ヴァン・ゴーグ氏は相当長い間隔を置いたてんかん発作を起こしやすい、と私は推定する。」と記録している。
ファン・ゴッホは、療養所の一室を画室として使う許可を得て、療養所の庭でイチハツの群生やアイリスを描いた。また、病室の鉄格子の窓の下の麦畑や、アルピーユ山脈の山裾の斜面を描いた。6月に入ると、病室の外に出てオリーブ畑や糸杉を描くようになった。同じ6月、アルピーユの山並みの上に輝く星々と三日月に、S字状にうねる雲を描いた『星月夜』を制作した。  (wikipedia・フィンセント・ファン・ゴッホ#サン=レミ(1889年5月-1890年5月)より)]

カミーユ・ピサロ作『エラニーでの干し草の収穫』(1901年)(wikipedia-photo)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*