ネピアン・ポイント(Nepean Point)

マーカーはネピアン・ポイント(Nepean Point)です。

ネピアン・ポイント(Nepean Point)
[オタワ川にせり出すようにある公園で、パーラメント・ヒルをはじめオタワ川、そして対岸のガティノーまで、素晴らしい眺めが楽しめます。小高い丘の頂点に立つのは、1613年にオタワ川を遡ってこのエリアを発見したサミュエル・ド・シャンプランの像。ステージもあり、しばしばイベントも行われます。  (「首都の歴史発見スポット - 街遊び&アトラクション - おすすめ博物館・美術館」より)]

[国会議事堂やガティノーの丘が一望でき、眺めの良い場所となっている。ここに立っているのは、1613年にオタワ川周辺を初めて訪ねた、フランス人探検家であり、地理学者、地図作成者でもあるサミュエル・ド・シャンプレイン。手に持っているのは、アストラーべ(航法計器)だが、彫刻家がこの計器の使い方を知らなかったため、上下逆になっている。  (「在カナダ日本国大使館: オタワ案内 – ネピアン・ポイント」より)]

Nepean Point – Google Map 画像リンク」「Samuel de Champlain Statue – Google Map 画像リンク

ネピアン・ポイントのカメラです。

サミュエル・ド・シャンプレイン像のカメラです。

カメラ南西方向がアストロラーベ(航法計器)を持つサミュエル・ド・シャンプレイン像です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*