バイタウン博物館(Bytown Museum)

マーカーはバイタウン博物館(Bytown Museum)です。

バイタウン博物館(Bytown Museum)
[オタワの歴史を知るのに欠かせないのが、街の中心、リドー運河の水門近くにあるバイタウン博物館です。オタワで最も古い石造りの建物は、かつて倉庫として使われていたもの。オタワはリドー運河建設をきっかけに発展した街で、そのリドー運河を建設したのが、英国人将校ジョン・バイ大佐です。博物館には彼の名にちなんで街が「バイタウン」と呼ばれていた19世紀のオタワの生活の様子が展示されています。上流階級の婦人たちが身に着けていた優雅な服やコルセット、お洒落な帽子や靴、おもちゃの人形、医療器具などから当時の生活が偲ばれます。さらに運河建設にまつわる資料やオタワ市の歴史に関する記録文書なども展示。日本語のオーディオガイドが、オタワの歴史やリドー運河について詳細に語ってくれます。建物の窓から運河の対岸に目をやれば、トレードマークの帽子をかぶったバイ大佐の銅像が、博物館を見下ろして建っています。  (「首都の歴史発見スポット - 街遊び&アトラクション - おすすめ博物館・美術館」より)]

バイタウン博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がバイタウン博物館(Bytown Museum)です。

カメラ初期設定方向がバイタウン博物館(Bytown Museum)です。

バイタウン博物館(Bytown Museum)内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*