戦争記念碑(無名戦士の碑)

マーカーは戦争記念碑(無名戦士の碑)です。

戦争記念碑(National War Memorial (Canada)・無名戦士の碑(Canadian Tomb of the Unknown_Soldier))
[1939年に英国王ジョージ6世によって除幕式が行われた。元々は第一次大戦の戦没者を祀るために作られたが、現在は第二次大戦及び朝鮮戦争の戦没勇士も祀られている。Valiants Memorialと呼ばれる、戦没勇士を祀った9つの胸像と5つの等身大の肖像があり、日本で没したグレイ大尉の胸像もある。また、2000年5月には、28,000人の第一次世界大戦無名戦士を祀るモニュメント(Tomb of the Unknown Soldier)が戦争記念碑の前に作られた。毎年11月11日11時(リメンブランス・デー)には首相以下閣僚及び軍人幹部、各国大使が参列し、盛大な記念式典が「平和と自由」を象徴するこの記念碑前で挙行される。
→グレイ大尉とは?
 昭和20年8月9日、連合軍艦載機は女川防備隊を攻撃、防備隊に所属する3隻が大破、150余名が戦死した。この攻撃に参加したグレイ大尉は、海防艦「天草」を破壊したものの、対空砲火に遭遇して戦死。現在女川には、平和と日加両国の友好の証として建立された「グレイ大尉記念碑」があり、地元の関係者によって維持されている。グレイ大尉は、この戦功によりビクトリア勲章(Victoria Cross:英連邦諸国の中で最高の勲章)を与えられた。グレイ大尉は、第二次世界大戦中において、最後の受賞者であり加海軍唯一の受賞者である。  (「在カナダ日本国大使館: オタワ案内 – 戦争記念碑」より)]

[すべての戦争のカナダの死者のための戦争記念碑・wikipedeia-photo、1939年除幕式でのジョージVI・wikipedeia-photo、平和と自由を象徴する克服彫像・wikipedeia-photo、「第一次世界大戦に従軍した、カナダ軍の11部隊を表す23人のブロンズ像」正面から見る・wikipedeia-photo、背面から見る・wikipedeia-photo、横から見る・wikipedeia-photo、詳細・wikipedeia-photo、無名戦士の墓・wikipedeia-photo]

無名戦士の墓 – Google Map 画像リンク」「国立戦争記念碑 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向が戦争記念碑(無名戦士の碑)です。

戦争記念碑(無名戦士の碑)正面のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*