アネックス(Annex)、フューチャー・ベーカリー&カフェ、ブランズウィック・ハウス

マーカーはカメラ位置です。

アネックス(Annex)
[トロント大学の北側にあり、カジュアルな学生街の雰囲気が充満。本を読みながら長居ができるエスプレッソバーやインターネットカフェなどが点在しています。夜には学生たちが集まるパブやレストランもオープン。気取らずにリーズナブルな料金で食事が楽しめる穴場です。ロイヤル・オンタリオ博物館やバータ・シュー博物館もすぐそばなので、観光ついでに足を延ばしてみるのもおすすめ。
素朴な料理を気軽に楽しめる「フューチャー・ベーカリー&カフェ」
アネックスの真ん中にある人気店。ガラス扉を大きく開け放した店内は、昼夜を問わずいつも大勢の学生でにぎわっており、まるで大学のカフェテリアといった雰囲気。料理はサンドイッチからサラダ、肉料理など様々ありますが、すべてカウンターで注文するセルフサービス。当然価格はお手ごろです。朝食やチーズケーキなどのスイーツも充実。  (「Ontario Style 新しいカナダを発見する旅 – トロント」より)]

ブランズウィック・ハウス(The Brunswick House)
[ビールが飲めてパーティができる店としては、トロントでも飛びぬけて古い店である。由緒あるこの店は、大学生を、そしてもう一度大学生に戻りたい人々を、120年以上ものあいだ楽しませてきた。ブローア・ウェスト(Bloor West)のリーズ・パレス(Lee’s Palace)のすぐそばにある。ジョッキからあふれるほどの冷えたビールや、食べごたえのあるパブの食事、親切なサービス、ライブ演奏などを自由に楽しむことができる。ビリヤード狂には6台のテーブルが自由に使え、水曜の夜には地元のバンドがライブを開催。しかし本当に活気に満ちてくるのは木曜から土曜まで。伝説的なロッキン・アイリーン(Rockin’ Irene)とキーボードのNateが、25年間変わらない演奏をきかせてくれる。  (「ブランズウィック・ハウス – 乗換案内 タウン情報」より)] 

カメラ位置はブロア・ストリート・ウェスト(Bloor St. W)/ブランスウィック・アベニュー(Brunswick Ave.)交差点で、南西方向角が「フューチャー・ベーカリー&カフェ」です。また、カメラ東南東方向が1876年創業のレストラン、ブランズウィック・ハウスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*