カサ・ロマ(Casa Loma)

マーカーはカサ・ロマ(Casa Loma)です。

カサ・ロマ(Casa Loma)
[カナダの資産家ヘンリー・ペレットが350万ドルを投じて3年がかりで完成させた大邸宅を、保存財団の手によって一般公開。二十数部屋に施された装飾や調度品の数々を、英語や日本語に対応した携帯音声ガイドを片手にして見学する。レストランや結婚パーティ会場としても利用されており、施設の一部には損傷や落書きなど手入れの行き届かない場所も見受けられるが、個人の手によるこれほどの規模の歴史ある大邸宅は北米でも数少なく、一見の価値あり。春には庭先の花壇や大庭園のチューリップも美しい。  (「トロント – Wikitravel」より)]

[カーサ・ロマは、ナイアガラの滝の水力発電で巨万の富を築いたヘンリー・ミル・ペラット卿(Henry Mill Pellatt)の邸宅です。1911年に建設着工されたこのネオ・ゴシック様式の建物は、98もの部屋を有し、さらに地下トンネルや5エーカーの美しい庭園(5月~10月までオープン)まであります。そして、全てヨーロッパから直輸入された家具などからヘンリー卿の当時の優雅さを感じることができます。  (「カーサ・ロマ – Casa Loma|トロント観光|e-Maple」より)]

[カナダ将軍の将校にして、ナイアガラの滝の水力発電で富を築いたヘンリー・ミル・ペラット(Henry Mill Pellat)の邸宅として建造された。350万ドルもの費用をかけ、1911年~1914年までの4年にわたって造られた。部屋は実に98を数える。天井や柱、壁に内装まで細部にいたるまで豪華に仕上がっている。だが、室内プールだけが未完成のままになっている。これは建設費が負担になったヘンリーが1923年に破産してしまったため。ヘンリーがここに住んだのは、わずか10年足らずのことであった。  (「2011年05月17日 : カナダへの田舎道」より)]

カーサ・ローマ – Google Map 画像リンク」「Queen’s Own Rifles of Canada Regimental Museum (The) – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がカサ・ロマ(Casa Loma)です。

カサ・ロマ(Casa Loma)展示ルームのカメラです。

カサ・ロマ(Casa Loma)温室のカメラです。

カサ・ロマ(Casa Loma)バルコニーからの庭園のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*