セント・マイケルズ大聖堂

マーカーはセント・マイケルズ大聖堂です。

セント・マイケルズ大聖堂(St. Michael’s Cathedral)
[セント・マイケルズ大聖堂はカナダオンタリオ州トロントのチャーチ通りにあるローマカトリック教会で、1600人収容のトロント市内で最も古い教会のひとつです。設計者はアングロ系カナダ人ウィリアム・トーマス(William Thomas・1799-1860)です。1845年5月8日にマイケルパワー司教(Michael Power)により礎石を築かれ、1845年9月29日には大聖堂として献堂された。1848年8月29日には大聖堂セント・マイケルズ大聖堂として献堂された。2鐘が含まれている79メートルの鐘楼は、1866年に献堂された。1880年に現在の3-manualのパイプオルガンが、大聖堂のギャラリーに設置された。2011年には西のファサードを含む外壁の改修が行われた。建築様式はゴシック建築です。
セントマイケルズ大聖堂・wikipedia-photo、日没のセントマイケルズ大聖堂・wikipedia-photo、セントマイケルズ大聖堂のフロアプラン・wikipedia-photo、ステンドグラスの窓・wikipedia-photo、ゴシックアーチ・wikipedia-photo]

St. Michael’s Cathedral Basilica – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がセント・マイケルズ大聖堂です。

セント・マイケルズ大聖堂前室のストリートビューです。

セント・マイケルズ大聖堂拝廊のストリートビューです。

セント・マイケルズ大聖堂身廊のストリートビューです。

セント・マイケルズ大聖堂祭壇前のストリートビューです。

セント・マイケルズ大聖堂上階ギャラリーのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*