ハイパーク

マーカーはハイ・パーク=スワンシーです。

ハイパーク
[ハイ パークは、絶滅危惧植物のブラック オークの原生林や地域生物園、動物園もある、トロントで最も大切にされている自然公園。ピクニック エリアやスポーツ施設もある憩いの場です。
広さ161 ヘクタール (400 エーカー) のハイ パークは、トロント市内最大の緑地です。野生生物やめずらしい樹木が生息し、手入れの行き届いた庭園が広がることで知られ、さまざまなスポーツ イベントやレクリエーションも行われる公園です。起伏のある敷地内をいくつもの小道やウォーキング コース沿って歩いたり、木陰でピクニックをしたりして、のんびりと自然を満喫しましょう。
1873 年、イギリス生まれの建築家、ジョン・ジョージ・ハワードは、自分の土地を公共の娯楽場として使用できるよう、トロント市に寄付しました。1876 年、この場所はハイ パークとして開放されました。  (「ハイ パーク / トロント|エクスペディア」より)]

[ハイパークの南のはずれ、普段から目立たない場所、私を含め多くの人が通り過ぎてしまうこの場所に「Colborne Lodge」という小さな建物が建っています。この建物、実はハイパークをトロント市に寄贈したJohn George Howard氏(1803 – 1890)が建てた自宅。彼はこの場所を愛し生涯住み続けたのですが、没後約120年を過ぎた今も彼の自宅は当時のままに保存され、現在ではミュージアムとしてHoward氏と当時のトロントの暮らしを伝える貴重な場所となっています。  (「19世紀のトロントをハイパークで見つける | トロントで暮らす」より)]

[4月も後半になると、「今年のトロント、桜の開花はいつかな?」と毎年話題にのぼります。日本人の私たちはもちろんのこと、カナダ人の間でも桜の開花は注目の的。桜の美しさに魅せられる人は国境を越え、「SAKURA」は世界に知れ渡っていると実感するこのごろです。
特に毎年美しい桜が咲くことで有名な「ハイパーク」は、桜だけではなく四季折々の美しい風景が楽しめるとあって、トロント市民の憩いの場として多くの人が集まってきます。この時期英語のウエブサイトでも「Cherry blossoms」のアップデートが随時行われる力の入れよう。  (「まもなく開花が予想される、トロント桜 | トロントで暮らす」より)]

ハイパーク – Google Map 画像リンク」「Grenadier Pond – Google Map 画像リンク

カメラ位置はハイパークのレストラン前です。
The Grenadier Cafe – Google Map 画像リンク

Colborne Lodge Drの西側のハイ・パーク=スワンシーのカメラです。

ハイ・パーク=スワンシー西側からカエデ花壇を見たカメラです。

カエデ花壇から山頂を見たカメラです。

グレナディア池デッキのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*