ヤング・ストリート

マーカーはクィーン・ストリート交差点です。

ヤング・ストリート
[ヤング・ストリート(英語表記:Yonge Street)は、カナダトロントにある主要道路。距離1896キロメートル。ダウンタウン地区からオンタリオ州北部のレイニーリバー地区までを結び、世界一長いストリートとしてギネスブックに登録されている。名前の起源は、当時の英国軍事長官ジョージ・ヤングに由来する。当初の目的は、第一次対仏大同盟での英国領北アメリカ侵攻のために、アッパーカナダ初代副総督ジョン・グレイブス・シムコーによって作られた軍事用道路であった。ヤング・ストリートは繁華街の中心に位置し、イートンセンター、ダンダススクウェア、ホッケーの殿堂、トロントスター紙のOne Yonge Streetビルなどがある。  (「ヤング・ストリート」より)」

[トロントのダウンタウンの中央を南北に走る「ヤング・ストリート」。常に多くの人でにぎわう「トロントの繁華街」を通るメイン・ストリート。ダンダス・ストリートとの交差点には巨大ショッピングセンター「イートン・センター」やイベントスペースの「ヤング/ダンダス・スクエア」があることでも有名。週末になると多くの人でごった返します。8月17日〜9月16日までの間、このヤングストリートで「Celebrate Yonge」と題して、車道の一部をパティオにしてしまうというユニークな試みが行われています。路上に張り出したパラソルは正面のレストランのパティオとして営業中の目印。テーブルと椅子が置かれていて、自由に過ごすことができます。もちろん隣はすぐ道路なので、ちょっとだけ違和感がありますが・・・  (「ヤングストリートに路上パティオ? | トロント観光局公式日本語ブログ」より)]

カメラ位置はヤング・ストリート/ダンダス・スクエアです。南、北方向がヤング・ストリートで、カメラ東南東方向がダンダス・スクエアです。

カメラ位置はクィーン・ストリート交差点で、南、北方向がヤング・ストリートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*