アビタ67団地

マーカーはカメラ位置です。

アビタ67団地
[アビタ67(仏: Habitat 67)はカナダケベック州モントリオールサンローラン川のマルクドロウン岸壁にある集合住宅。この目を引く設計は、建築家モシェ・サフディがマギル大学の修士論文を素にして制作し、モントリオール万国博覧会(1967年)の一環として建てられた。モントリオール万博は、1967年にモントリオールで開催された。「自由」を標榜し、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの代表作にちなみテーマは「人類と世界」と名された。住宅計画はこの万博の主要なテーマの一つであった。そして、アビタ67は主会場となり世界中からの数千人の訪問者があった。アビタ67は、会期中にモントリオールを訪れた高官たちの仮宿舎にもなった。近代的な住宅団地建築の経済性と密度を保ち、ちりばめた各戸に多様性と非画一性を取り込むように設計された。部分の、相互に組合わさったコンクリ壁が、空間を区切る。各戸が庭を持ち、近くにあるが、個人の空間を確保し、手頃な価格となるように設計された。この団地は基本計画の段階では、もっと大きかった。皮肉なことに、その特徴的な建築により、現在は手頃な価格ではなく高価である。1985年に入居者達により買い取られてからは、私有の共同所有集合住居である。
サンローラン港からみたアビタ67・wikipedia-photo、冬季・wikipedia-photo、夏季・wikipedia-photo、日没時・wikipedia-photo  (wikipedia・アビタ67団地より)]

アビタ67団地 – Google Map 画像リンク

アビタ67団地鳥瞰カメラです。

道路東側がアビタ67団地です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*