クライストチャーチ大聖堂

マーカーはクライストチャーチ大聖堂です。

クライストチャーチ大聖堂(Christ Church Cathedral (Montreal))
[クライストチャーチ大聖堂、カナダケベック州モントリオールにある聖公会ゴシック・リヴァイヴァル建築大聖堂です。大聖堂は、ユニオン通りとユニバーシティ通りの間で、セントキャサリン・ストリート・ウエスト635に位置しています。大聖堂は1988年5月12日にケベック州政府の歴史的建造物として分類され、1999年にカナダの国定史跡に指定されました。クライストチャーチ大聖堂の元の教会は、1814年にモントリオールの旧市街のNotre – Dame Streetに設立された。1850年に、ケベックの聖公会主教区からの分離により、モントリオールの新しい聖公会の教区の大聖堂として指定された。元のキリスト教会大聖堂は1856年に焼失した。現在の大聖堂は、ネオゴシック様式の構造で、、ニューブランズウィック州 の フレデリクトンのクライストチャーチ大聖堂を設計した建築家フランク・ウィルズによって設計され、彼の死後、 トーマス・シートン・スコットに引き継がれ 、1859年に完成し、1867年に聖体拝領された。1987年、老朽化した聖堂の土台の改築と併せて大規模な地下街が建設され、再開発が行われた。聖堂の地下には、地下鉄駅にもつながったショッピングモールとなっている。
クライストチャーチ大聖堂・wikipedia-photo、夜のクライストチャーチ大聖堂・wikipedia-photo、現在のクライストチャーチ大聖堂の内部・wikipedia-photo、1852年のオリジナルのクライストチャーチ大聖堂の内部・wikipedia-photo]

クライストチャーチ大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がクライストチャーチ大聖堂です。

クライストチャーチ大聖堂前室のカメラです。

クライストチャーチ大聖堂拝廊のストリートビューです。

クライストチャーチ大聖堂身廊のストリートビューです。

クライストチャーチ大聖堂祭壇前のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*