サン・シュルピス神学校

マーカーはサン・シュルピス神学校です。

サン・シュルピス神学校(Saint-Sulpice Seminary (Montreal))
[サン·シュルピス神学校(フランス語:ヴューSéminaire·ド·サン·シュルピス)は、カナダケベック州モントリオールで最も古い建物である。神学校は、モントリオールの歴史地区にあり、ノートルダム・ストリートにあるアルム広場に面する、モントリオール・ノートルダム聖堂の隣に位置しています。神学校は1980年にカナダの国定史跡に指定されました。神学校は、聖スルピス会により、1657年に設立され、聖職者やニューフランスの先住民に対する教育のためにつくられた。神学校の建物は、1687~1684年に建てられた、市内に現存する数少ないフランス植民地時代の建物である。。1701年に構築された時計は、北米でこの種の時計では最古とされている。また、神学校の庭園は、大陸で最も古い。
「ノートルダム通りからのサン・シュルピス神学校」・wikipedia-photo、冬の神学校・wikipedia-photo]

(wikipedia.jpg,wikipedia.jpg)

Prêtres de Saint-Sulpice (Les) – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がサン・シュルピス神学校です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*