ボンスクール・マーケット

マーカーはボンスクール・マーケットです。

ボンスクール・マーケットBonsecours Market
[ボンスクール・マーケット(フランス語:マルシェBonsecours)は、モントリオール旧市街のサン·ポール通り350にある、正面中央部には銀色のドームがそびえる二階建ての公設市場で、100年以上にわたり、モントリオール地域の主要な公共市場だった。
市場のデザインは、ダブリンのカスタム・ハウスの影響を受けていた。建設はイギリスの建築家ウィリアムFootnerによって1844年に開始し、その後アイルランド生まれのモントリオールの建築家ジョージ・ブラウン(1811~1885年)によって1860年に完了しました。ボンスクール・マーケットの一部は1847年にオープンし、1847~1849年の間、建物はカナダの州の立法議会のために使用され、1852~1878年の間、モントリオール市役所として使用された。旧市庁舎室は現在3700平方メートルの会議室になっている。市場はまた、パーティー、展示会や他のお祭りの会場として利用され、900平方メートルのコンサートホール、宴会ホールが追加された。市場は1963年に閉鎖され、解体予定だったが、現在は屋外にはカフェ、メインと2階にレストラン、ブティックを収容するショッピングモールを備えた多目的施設として利用されている。ボンスクール・マーケットは1984年にカナダの国定史跡に指定された。
「モントリオールの旧港から見たボンスクール・マーケット」・wikipedia-photo]

Bonsecours Market – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がボンスクール・マーケットです。ボンスクール・マーケットのストリートビューです。

カメラ北西方向がボンスクール・マーケットです。

ボンスクール・マーケット、エントランスのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*