ダルム広場

マーカーはダルム広場です。

ダルム広場(Place d’Armes)
[ダルム広場は、カナダケベック州モントリオールの歴史地区にある250年の歴史ある広場です。ダルム広場はモントリオールで二番目に古い公共の広場で、1693年に最初に開発されたとき製造工場(Fabrique)広場と呼ばれていた。その後1721年にSulpiciansの要請でダルム広場と改称され、様々な軍事的イベント場として使われた。1781年から1813年に乾草および木材市場として使用されていました。広場は1836年に市に買収された後、ビクトリア朝の庭園として開発された。ダルム広場が現在のサイズと同じ正方形なったのは、1830年に旧ノートルダム教会の取り壊し、1843年にその鐘楼の取り壊し後の、1845年に始まって、ノートルダム・ストリートが完成した1850年に完了しました。17世紀の終わりに造られて以来、この広場はモントリオールで最も重要な場所となっている。広場の周りには、長い歴史を誇る重厚な建物が連なり、現在も銀行、ホテル、オフィス、住宅として使われている。中央には、約300年前にこの地にフランス人居住地ヴィル・マリー(現在のモントリオール)を築いた人物、メゾヌーヴの像がフランス国旗を掲げて立っている。
ダルム広場から見たノートルダム大聖堂とメゾヌーブモニュメント・wikipedia-photo、ダルム広場のメゾヌーブモニュメント・wikipedia-photo、「1828年広場、バックグラウンドに古い教会と新しい教会」・wikipedia-photo、ダルム広場のパノラマビュー・wikipedia-photo]

Place d’Armes – Google Map 画像リンク

カメラ西方向にメゾヌーブモニュメント、カメラ東方向にモントリオール・ノートルダム聖堂があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*