モントリオール市庁舎

マーカーはモントリオール市庁舎です。

モントリオール市庁舎(Montreal City Hall)
[モントリオール市庁舎(City Hall / Hotel de Ville)はノートルダム通りをはさんでシャトー・ラムゼイ博物館の向かい側に建つ石造りの建物です。1878年建造で、その後火災による焼失があり修復されました。1967年、フランス大統領のド・ゴールケベックを訪問した際にバルコニーから「自由ケベック万歳」と演説しました。  (「 モントリオール市庁舎 」より)]

[5階建てのモントリオール市庁舎(フランス語:オテル·ド·ヴィレ·デ·モントリオール)は、建築家アンリ・モーリス・ペローとアレクサンダー・クーパーハチソンにより、フランス第二帝政スタイルで1872年から1878年にかけて建てられた。市庁舎はノートルダム・ストリートイースト275にあり、ジャック・カルティエ広場とシャン・ド・マルス通りの間で、モントリオール歴史地区に位置しています。最寄の地下鉄駅は、シャン・ド・マルスです。1984年にカナダの国定史跡に指定された。建物の建設は1872年に始まり、1878年に完成しました。1922年3月の火災により建物は、外壁を残し、市の歴史的な記録の多くを含め消失した。その後、建築家ルイParantにより再建された。
2006年のモントリオール市役所・wikipdia-photo、1922年3月3日の火災の市役所・wikipdia-photo]

Montreal City Hall – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がモントリオール市庁舎です。

カメラ西北西方向がモントリオール市庁舎です。

モントリオール市庁舎エントランスホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*