モントリオール美術館

マーカーはモントリオール美術館旧館です。

モントリオール美術館
[モントリオール美術館(The Montreal Museum of Fine Arts/Musée des beaux-arts de Montréal)は、ケベック州モントリオールにある美術館である。カナダで最も古い美術館。
1860年、モントリオールの美術愛好家や収集家達によってモントリオール芸術組合(Art Association of Montreal)が設立された。しかし資金やコレクションが十分ではなく、その活動は1879年までは時々展覧会を開くか、絵画教室を開催するに留まっていた。1877年に実業家のBenaiah Gibbが土地の一画と資金、またヨーロッパ絵画のコレクションを美術館建設のために組合に寄付し、1879年に美術館開館となった。
1892年にジョン・W・テンペストが60枚の油彩画や水彩画と共に、コレクション購入のための資金を提供した。1894年にはその資金でエマヌエル・デ・ウィッテの作品を購入。1909年にはアグネス・レールモントとウィリアム・ジョン・レールモントから、バルビゾン派レンブラントの素描を含む126枚の絵画が寄贈された。
コレクションが増えたために移転が計画され、組合はシェルブルーク通りに土地を購入。1912年、エドワード・マックスウェルとウィリアム・S・マックスウェル設計の建物が完成し、12月より一般公開となった。
しかしその時期、美術館にとって重要なコレクターたちが次々に逝去し、彼らより貸与されていた作品が一般のオークションにかけられるなどして美術館から失われてしまう。その後1927年にドナルド・スターリング・パルマーが一族のコレクションを寄贈。更に1941年にはアデリーン・ヴァン・ホーンが父親から受け継いだ絵画約60枚を寄贈したが、その中にはエル・グレコカナレットピエール=オーギュスト・ルノワールポール・セザンヌ等が含まれていた。
1940年代より若手芸術家による展覧会も開かれるようになる。 また、装飾美術のコレクションも拡大。1959年にはジョセフ=アーサー・シマールにより3000点もの日本製の香箱が寄贈された。
1972年9月4日、武装した人物たちにより18枚の絵画を含む約50点の作品が略奪された。被害総額は当時200万ドル相当で、カナダの犯罪史上でも最も被害額が高い。ウジェーヌ・ドラクロワトマス・ゲインズバラ、レンブラントを含むそれらの作品は今でも見つかっていない。2003年にはレンブラントの作品だけで100万ドルの価値があると推測されている。
美術館はその後、改修工事のために3年間閉館し、1976年にリニューアル。オープンした。
1991年にはそれまでの建物の向かいにモシェ・サフディ設計の新館が完成。
2000年にはリリアン及びデヴィッド・M・スチュワート夫妻所蔵の5000点に及ぶ1930年代以降の装飾美術品が寄贈された。また、ミハエル及びレナータ・ホーンステインのコレクション – フェルディナンド・ホドラーの素描300枚を含むスイスイタリアオランダフランス絵画 – も寄贈された。
2007年にはシェルブルーク西通りにあるロマネスク建築合同教会をカナダ芸術のための別棟に改装することが決定し、2010年に完成した。この建物は1998年にカナダ国定史跡に指定されている。
モントリオール美術館・wikipedia-photo  (wikipedia・モントリオール美術館より)]

モントリオール美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がモントリオール美術館旧館で、カメラ東北東方向が新館です。

カメラ南南東方向がモントリオール美術館新館、カメラ西北西方向が旧館、カメラ北北東方向が別棟となった旧合同教会です。

カメラ南東方向がモントリオール美術館新館です。

カメラ北西方向がモントリオール美術館のカナダ芸術のための別棟となった旧合同教会で、カメラ南南東方向が新館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*