ロワイヤル広場、勝利のノートルダム教会

マーカーは勝利のノートルダム教会です。

ロワイヤル広場
[ロワイヤル広場(Place Royale)は、ルイ14世 (フランス王)の胸像が建つ小さな広場です。ケベック・シティー発祥の地で、1608年サミュエル・ド・シャンプランが最初の居留地をロワイヤル広場に築きました。17世紀中頃には、市が立ち商業の中心地となりました。  (「ロワイヤル広場 」より)]

勝利のノートルダム教会(Notre-Dame-des-Victoires Church)
[勝利のノートルダム教会は、ロワイヤル広場横に立つ小さな教会で、1687年に開始され、1723年に完成した。教会名は、ケベックの戦い_(1690年)で、ウィリアム・フィップスのイギリスの遠征隊が撤退を余儀なくされたことにより、勝利のノートルダム教会と命名された。また、1711年ホベンデン・ウォーカーが、イギリス艦隊を撃沈したことにより再度勝利のノートルダム教会と再度変更された。教会は、1759年9月のアブラハム平原の戦いを前に英国艦隊の爆撃によって破壊され、完全な修復は1816年に終了しました。教会のファサードは、建築家フランソワBaillairgéによって、1916年から1917年に改装された。1929年に歴史的モニュメントとして記載されていた教会は、市内の人気観光地だけでなく、現在も礼拝の場所として使用されている。教会はフランス植民地時代の様式に復元するため、最近数十年間に大規模な修復を受けています。教会は、1988年にカナダ国立史跡に指定されました。
勝利のノートルダム教会・wikipedia-photo、ロワイヤル広場の勝利のノートルダム教会・wikipedia-photo、1759年の広場と教会・wikipedia-photo]

Notre-Dame-des-Victoires – Google Map 画像リンク」「Notre-Dame-des-Victoires – Google Map 画像リンク」「Place Royale – Google Map 画像リンク

カメラ位置はロワイヤル広場北端で、カメラ南方向が勝利のノートルダム教会です。

勝利のノートルダム教会身廊のカメラです。

勝利のノートルダム教会祭壇前のカメラです。

勝利のノートルダム教会上階ギャラリーのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*