シャトー・サン=ルイ

マーカーはシャトー・サン=ルイ遺跡口です。

シャトー・サン=ルイ(Chateau St. Louis)
[シャトー・サン=ルイは、各時代の知事や総督の公邸だった。最初のシャトーは、1648年に知事チャールズ・Huault・デ・Montmagnyの指導の下によって建てられたが、1680代には荒廃してしまった。1694年に同じサイト上に、ヌーヴェル・フランス総督(1672-1682,1689-1698)ルイ・ド・ブアド・デ・フロンテナックの下で建設が始まった。フロンテナックは1698年にそこで亡くなった。その後、1719~1723年に 新しいパビリオンと2つの新しい棟が増築された。七年戦争ではイギリス軍の攻撃を受け、1759年市郊外のアブラハム平原で英仏両軍が激突、仏軍が大敗した、その戦いでシャトー・サン=ルイは破壊された。その後ケベックはパリ条約_(1763年)によりイギリス領となりイギリスの手で再構築された。しかし、シャトー・サン=ルイは1834年1月の火災で破壊された。その後はテラス・デュフランの一部に組み込まれている。シャトー・フロンテナック・ホテルの名称はヌーヴェル・フランス総督ルイ・ド・ブアド・デ・フロンテナックに因んでつけられている。サイトは2002年にカナダの国定史跡に指定された。
「シャトー・サン=ルイ」・wikipedia-photo、旧サイトでの遺跡・wikipedia-photo]

Lieu historique national des Forts-et-Châteaux-Saint-Louis – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向下がシャトー・サン=ルイ遺跡口です。

カメラ位置はシャトー・サン=ルイ上でカメラ東南東方向と、その先右方向の窓から遺跡を覗うことができます。

シャトー・サン=ルイ遺跡のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*