モントゴメリー隊の攻撃

マーカーはカメラ位置です。

アメリカ独立戦争(ケベックの戦い)
[ケベックの戦い(英: Battle of Quebec)は、アメリカ独立戦争初期の大陸軍によるカナダ侵攻作戦中、1775年12月31日にケベック市を守るイギリス軍との間に行われた戦闘である。この戦闘はアメリカ側にとってこの戦争では初の大きな敗北となり、高い代償を払った。リチャード・モントゴメリーが戦死、ベネディクト・アーノルドが負傷、ダニエル・モーガンなど400名以上が捕虜になった。ケベック植民地総督のガイ・カールトンが指揮したケベックの守備隊はイギリス軍正規兵とカナダ人民兵の寄せ集めだったが、極少数の損失を出しただけだった。
モントゴメリーの部隊は11月13日にモントリオールを占領し、ニューイングランド北部の未開の荒野を抜けてきたアーノルドの部隊とは12月初旬に合流していた。
12月27日の夜に暴風雪があって、モントゴメリーの部隊に攻撃への備えを促すことになった。しかし、この嵐は間もなく止み、モントゴメリーは攻撃の中止を命じた。その夜、ロードアイランド出身の軍曹が1人脱走して、攻撃作戦の詳細をイギリス軍に伝えた。モントゴメリーは新しい作戦を立て直した。まずジェイコブ・ブラウンとジェイムズ・リビングストンが率いる2つの部隊がケベック市西壁に陽動攻撃を掛ける。一方残りの部隊は2つに分かれてケベック市のローワータウンに攻撃を仕掛ける。1隊はアーノルドが率いローワータウンの北端で防御線を潰す。もう1隊はモントゴメリーが率いて市の南、セントローレンス川沿いに進軍するというものだった。2つの部隊はローワータウンで落ち合い、共同で市の壁によじ登ってアッパータウンを襲撃することにされた。この新しい作戦は上級士官にのみ伝えられた。
12月30日に嵐が起こり、モントゴメリーは再度攻撃命令を出した。その夜、ブラウンとリビングストンは民兵中隊を率いて割り当てられた場所に向かった。ブラウンはケイプダイアモンド稜堡の側、リビングストンはセントジョンズ門の外だった。午前4時から5時の間にブラウン隊が所定の場所に到着したとき、他の部隊に信号を送るための火を焚かせ、その部隊とリビングストン隊がそのぞれの標的に対して発砲を始めた。モントゴメリーとアーノルドはその炎を見て、ローワータウンへの進軍を始めた。
モントゴメリーはその部隊を外郭防御物に向かう急勾配で雪が積もった道に進ませた。風雪はブリザードに変わったので、進軍は容易ではなかった。モントゴメリー隊は遂に外郭防御物の柵に辿り着き、大工達からなる前衛隊が鋸で壁に穴を開けた。モントゴメリー自身が2つめの柵を切り倒すのを助け、50名の兵士を率いて2階建ての建物に向かう道を進んだ。この建物は市の防御物の一部であり、実際にはマスケット銃と大砲で武装した15名のケベック民兵が入るシェルターになっていた。この守備隊が至近距離で発砲し、ぶどう弾の破裂によって頭を射抜かれたモントゴメリーが即死した。生き残った前衛隊の数名が柵の所まで逃げ戻った。アーロン・バーなど数名だけが無傷で逃げ延びた。モントゴメリー隊の士官達の多くがこの攻撃で負傷した。数少ない無傷の将校の一人が残存部隊をアブラハム平原まで誘導し、モントゴメリーの死体は後に残された。
モントゴメリー将軍の遺体は1776年の元日にイギリス軍によって回収され、クラマエ副知事の手によって1月4日に簡単な軍葬の礼が行われた。遺骸は1818年にニューヨークに戻された。
「『ケベックへの攻撃におけるモントゴメリー将軍の戦死』、ジョン・トランブルによる1786年の絵画」・wikipedia-photo  (wikipedia・ケベックの戦い_(1775年)より)]

[モントゴメリーは自らローワータウンへの行軍を先導し、市の壁の外にある険しく滑りやすい崖を下った。午前6時、モントゴメリー隊はローワータウンの外れにある柵に達し、それを切断する必要があった。2つ目の柵を切断した後、その開口部からモントゴメリーは先導隊を率いて入った。通りを下ったところに2階建ての小要塞があるのを認めたモントゴメリーはその方向に部隊を誘導し、剣を抜き、「さあ、私の良き兵士達、あなた達の将軍が続いてくることを求めている」と叫んで兵士隊を鼓舞した。大陸軍が約50ヤード (45 m) に近づいたとき、小要塞のイギリス軍(カナダ民兵30名と幾らかの水平)が大砲、マスケット銃およびぶどう弾による銃砲撃を開始した。モントゴメリーはぶどう弾を頭と両腿に受けて戦死した。
リチャード・モントゴメリー遺骸は1776年に完成されていたマンハッタンのセントポール・チャペルにあるモントゴメリーの記念碑の隣に埋葬された。  (wikipedia・リチャード・モントゴメリーより)]

リチャード・モントゴメリー率いる大陸軍は、カメラ西方向付近の崖を下り、ケープダイアモンド稜堡(Cap Diamant)の下を北方向・ローワータウンに進軍したようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*