ソルト・オ・マテロー(Sault au Matelot)

マーカーはカメラ位置です。

ソルト・オ・マテロー(Sault au Matelot)

アメリカ独立戦争(ケベックの戦い)
[ケベックの戦い(英: Battle of Quebec)は、アメリカ独立戦争初期の大陸軍によるカナダ侵攻作戦中、1775年12月31日にケベック市を守るイギリス軍との間に行われた戦闘である。この戦闘はアメリカ側にとってこの戦争では初の大きな敗北となり、高い代償を払った。リチャード・モントゴメリーが戦死、ベネディクト・アーノルドが負傷、ダニエル・モーガンなど400名以上が捕虜になった。ケベック植民地総督のガイ・カールトンが指揮したケベックの守備隊はイギリス軍正規兵とカナダ人民兵の寄せ集めだったが、極少数の損失を出しただけだった。
モントゴメリーの部隊は11月13日にモントリオールを占領し、ニューイングランド北部の未開の荒野を抜けてきたアーノルドの部隊とは12月初旬に合流していた。カールトンはモントリオールからやっとのことでケベックに逃亡したが、大陸軍の次の標的となったケベック市は攻撃側が到着する直前に援軍が到着して市を守ることができるような状態になったばかりだった。モントゴメリーの部隊は兵士の徴兵期限が12月末で切れることが気懸かりとなり、部隊の動きを隠してしまうような暴風雪の中、大晦日の攻撃を行った。その作戦はモントゴメリーとアーノルドがそれぞれ率いる別の部隊がケベック市のローワータウンで落ち合い、その後に高台(アッパータウン)を守る城壁を上ろうというものだった。この戦闘の初期段階で受けた砲撃によってモントゴメリーが戦死したためにその部隊は退却したが、アーノルド隊は市の中にまで侵入した。その攻撃初期にアーノルドが負傷し、指揮を引き継いだモーガンは市中で動きが取れなくなり、降伏を強いられた。アーノルドとその部隊はその後春まで有効性のない包囲を続けたが、イギリス軍には援軍が到着した。
「ソルト・オ・マテローにいるアーノルド隊を攻撃するカナダとイギリスの兵士、C・W・ジェフリーズ」・wikipedia-photo  (wikipedia・ケベックの戦い_(1775年)より)]

[アーノルドはモントゴメリーの戦死と攻撃失敗を知らないまま、北側のバリケードに向かったが、町の防壁を守るイギリス軍と民兵の反撃を受けた。ソルト・オ・マテローという名の通りにある道路バリケードで、アーノルドはマスケット銃の弾を左くるぶしに被弾し後方に搬送された。アーノルドに代わり副官のダニエル・モーガンが指揮を執ってこの道路バリケードを突破した。しかし次の命令を待つ間に、大陸軍は通りや近くの家の中の民兵の攻撃にさらされ、イギリス軍の反撃でバリケードが再度奪取された事で、モーガンと彼の部下が狭い通りに孤立してしまい、モーガン部隊は降伏した。10時までにモーガン以外にも町に取り残されていた部隊が降伏し、戦闘が終わった。  (wikipedia・カナダ侵攻作戦より)]

カメラ位置はソルト・オ・マテロー( Sault au Matelot)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*